ブログを引っ越します!

と、9ヶ月あまり放置してまして、ホントすいません。
(さすがに、こちらをご覧になっている方も、すっかりいなくなったような気がしますが(^^ゞ)

最近仕事でやっていること、コミュニティでやっていること、プライベートなこと、様々結構変わってきたので、心機一転、ブログを引っ越すことにしました!

で、どうせ引っ越しするなら、音楽についてのレビューも含めた総合的なホームページを作ろう、ということで、ホームページ作成ツールを使って、ホームページを作ってみました。
どうぞご覧になってみてください。
(うまくRSSが設定できてないので、RSSを拾うのであれば、
 ビジネスブログはこちら
 音楽ブログはこち
 で取っていただけると幸いです。)

三日坊主にならぬよう、細々続けていきたいと思いますので、新ブログでもなにとぞご贔屓にお願いいたします。
では、新しいブログでお会いしましょ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つながってる、つながっていく

天神・大名WiFi化の発端になったのってさ、このブログでも何回か書いてるけど、FONさんから200台のFONルータを提供してもらう、って話から、なんだよね。
FONってホント面白い「運動」でさ、僕らの創造性で、いくらでも武器になりうるものだと思っている。前にも書いたけど、そう言う意味では、FONの千川原さんがいないと、成り立たないプロジェクトだったな、と思う。ホントに感謝してます。

で、そんなFONを武器として利用した地域のプロジェクトがいろいろ広がっているってことを今日、FON*Macってサイトから知った。
以前からこのブログでも書いている長崎県南島原市の「島原のLAN」プロジェクトや、山形の武田さんを介して繋がった山形県酒田市のFONプロジェクトの佐藤さんに加え、

が動いているみたい。

それぞれに足跡的にコメントつけてみたけど、これをきっかけに色々と情報交換できたら、面白いことができるかなぁ。いろいろと協力できたら微力ながら、したいと思っていますので、皆さん、よろしくお願いいたします。

と、前に山形のwanir.jpに行ったときに話したことにつながるけどさ、

結局、世の中出来ない事なんて少なくて、やってみたら、案外いろいろできるもんだ、ということと、ヒトに頼るんでなく、自分で行動したほうがいいよ
「wanir.jpにいってきました 」より

って、僕はこの天神・大名WiFi化プロジェクトを通じて実感したんだけどさ、その地域その地域で、行動を始めている皆さんにエールを贈りたいし、その地域なりの独自の動きが出来ることを楽しみにしたいと思っている。

前に南島原市の伊藤さんから提案されたことだけど、「WiFi化サミット」みたいなのが開けると面白いね!と思う。
いつか実現させたいなぁ。

そうそう、この週末(1月10日)に南島原市にFONの千川原さんと呼ばれていてさ、久しぶりに島原のLANの皆さんと会うことになっている。これも楽しみだな。
また今年もいろいろつながっていくだろうな。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

あけましておめでとうございます!&去年の振り返りダイジェスト

あけましておめでとうございます!

と、相変わらず書かなきゃいけないことを書かずに新年を迎えてしまっていますが(^^ゞ、まぁ、それはそれとして、どっかで帳尻合わせるとして、昨年はお世話になりました!

今年もよろしくお願いします。

昨年は、一昨年以前に芽生えた種を一つ一つ実現に向けて動き出したという意味で、僕にとってはとても意味がある一年だったように思う。
自分はプログラムが組めるわけでも、デザインが出来るわけでも無い、一介の「コンサルタント」って奴なわけだけど、それでも例えばIT業界に、例えば自分が住んだり関わっている地域に、貢献出来ることがあるんではないかと考えていて、それが少しずつ形になっている気がして、ちょっと嬉しく思っている。

色々あるんだけども、まず大きかったのは、

  1. AIPカフェのオープン
    になるように思う。

    で、次には
  2. 天神・大名WiFi化の着実な進化
    になるかな。

    この2つは、わりとこのブログでも書いたことが多かった話題のように思うけど、この2つの活動を通じて、所謂「勉強会」だけでなく、「コミュニティ」という形態を通して、実際に形にしていくことのおもしろさや魅力ってのを伝えられることができるようになってきているように思う。
    「コミュニティ」って何?って話が随分前に一部の人々で話題になったように思うけど、僕自身はAIPカフェで実現されようとしていること、天神・大名WiFi化で実現されようとしていること、が答えになると思っている。
    その意味ではさ、FWWのサイトリニューアルがさ、このAIPカフェで実際に、FWWメンバで実現されたのが、とってもエポックメーキングかな、って個人的には思っているんだよね。(僕は差し入れくらいしかしませんでしたが(^^ゞ)
    これもさ、いろいろと、やっている途中では言われてさ、「コミュニティは責任がある組織じゃないからモノを実現するには不向きだ」やら何やらね。そういった話に対して、ある程度、そんなに可能性を小さく考える必要はないぜ!って答えるだけのものは用意できてきたんじゃないかな。というか、そんなことは、今の社会の必然だとは思っているんだけど(ここら辺の話はちゃんとかかないと誤解されそうなので、また、きちんと書きますね)

    あ!そうそうAIPカフェだけど、会員制度が正式にオープンしました。これ、ほんとに、必要としている皆さんで維持できるところにしたいと思っているんだよね。維持したいと思ってくれる皆さん、是非ご入会下さいませ!

    それとこれは自分の会社の話になるけど、
  3. S:III:Sのオープン
    ってのも結構自分的には大きかったかな。もう一昨年になるのかな、デザインってことの本質ってのに触れて、それと相対的にIT業界でのデザインやデザイナーに対する扱いの不当さに対して、何らか自分たちなりの回答を示したいってのが、この組織の成立に対する一つのモチベーション(それだけではないんだけどね)で、これは、ある人が、「IT系のコミュニティに最初からデザイナはいらない。プログラマから始めたい」って言っているのを耳にして、物凄い違和感を感じたのも後押しになっているかな。まぁ、この組織についての思いは、また別途、いろいろ書きますね。

    それと、自分が特段何をしたってわけではないんだけどさ、
  4. TDC、FWW、RBC長崎、AIPコミュの活動の着実な進歩
    ってのも個人的にはとても嬉しいことかな。どれもさ、そこに住んでいるヒトが中心に活動をしていて、それがちゃんと根を張ってきているのがとても嬉しいなって。1000Speakers @仙台 とかOSC Fukuokaとか九州Ruby会議とか、RBC長崎の「Before Programming」とか、これについては、ちゃんと書かないといけないこともいっぱいあるんだよな。まぁ、これらのイベントも随分前の話になっちゃったけど、こういったイベントはちゃんとブログ書かないと完結しないから(^^ゞ、今年の早いうちに書こうと思う。

    あとは
  5. AIP事務局次長になった
    ってのも、僕にとっては大きなトピック。前にブログにもかいたけど、AIPってNPOでさ、「非営利」な活動が出来る「会社」なんだよね。この「非営利」ってのと「会社」ってのをつなぎ合わせて、僕がやりたいと思っている地域の活性化とか、IT業界の活性化みたいな話とリンクさせるとさ、可能性って∞でさ、これはやってみる前から想像していたけど、想像以上だった部分があるかな。これがあったからAIPカフェも実現できたし、天神・大名WiFi化も福岡市役所前を完全FreeのWiFi化が出来たしね。
    事務局長である福岡CSKの岡部さんのおかげでここまで出来ている部分が大きいんだけどさ、今年はさらに大きくこの仕組みを使って、いろいろ仕掛けようって、岡部さんと企画中なんだよね。ここら辺はまだ言えない話も多いんで、そのうち話していきますね。

    あとは、個人的には
  6. 会社の取締役になった
    ってのも流石に振り返りとなると、外せないかな。何がどう変わったってことはないようにも思うし、逆に考え方の広がりとかは確実に広がった部分もあるようにも思っている。自分の部署としては、ずっとやってきた自治体さん向けのコンサルティングが着実に評価していただいたり(ありがたいことです)、本来のウチの持ち味であるMedia部門に新しいビジネスチャンスが見えてきたり(iPhone Radioってのを企画してます。これまた、そのうち詳しく書きますね)、S:III:Sと並行して、サービス提供側の提案が増えてきたりと、それなりに手応えは感じている
    まぁ、実際問題として、IT業界も当然この不景気に無関係でいられないわけで、いい話ばかりではないんだけど、ピンチはチャンスでさ、こういった時にこそ、Changeに対して真摯に取り組むことが出来るように思っているんだよね。その意味では、とてもやりがいのある時代にベンチャーってやり甲斐にある組織に属してることは幸せだと思う。
    僕の組織も大きくなってきていて、そこに所属しているみんなの夢にさ、きちんと向き合う責任もひしひしと感じている。
    僕の組織は誰が来てもHappyな組織ではけしてないだろうけど、大変でもやり甲斐がある仕事が出来ればいい、と思える人には、ホントに良い組織だと思っているし、そんな風に有り続けたいと思っている。そして、コンサルタントとして(デザイナやプログラマといったそれぞれの特色や武器を活かしながら)、それぞれがBy Nameで呼ばれる、でもそれぞれが組織の可能性を信じている(これが僕にとっては「一匹狼の群れ」って奴なんだけど)そんな組織にしていきたいなと思っている。ここら辺の組織論もまたそのうち(ってシツコイ?(苦笑))

    最後になるけど
  7. ほんとにいろんなヒトとつながった一年だった
    って思う。口では「多様性」っていいながら、ホントの意味で多様性を認めたり、その可能性を感じたりってのは難しいところもあると思うんだけど、ホントにさ、素直に、いろんなヒトとつながれてよかったな、って思えた一年だったなって感じるんだよね。
    天神・大名WiFi化でつながった天神・大名の店主の皆さんや、SNSのZinsさんは、僕にとってはとっても大きい出来事だったし、福岡だけでなく、長崎や鹿児島といった九州の他の地域の熱い人たちと知り合えたのも大きかった。
    夏に福岡市の皆さんと一緒にシアトルとシリコンバレーを視察して、それ自体も面白かったんだけど、そこで知り合った諸先輩方の何というか「大きさ」は得難い経験だったし。
    もちろんコミュニティの皆さんや社員のみんなにはいつも元気づけられたりしている。
    ホント、みんな、ありがとうございました!

    あいかわらず長いBlogになっちゃいましたが、本年もまたおつきあいのほど、よろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日、明後日福岡で講演しま〜す

相変わらず、前日に告知してもしょうがないとは思うのだけど(^^ゞ

明日(12月13日)は、OSC Fukuokaが開催されますが、
そのうち、
11:15〜12:00 の  AIPが目指す「これからのIT人材」育成 〜AIPと天神・大名WiFiの活用法〜 (これは、AIP事務局長の岡部さん(福岡CSK)と僕がスピーカーです)と、
15:15〜17:00 の 【特別企画】勉強会勉強会(2コマ連続)でパネラーを務めます。

ストリーミングも、
http://www.ustream.tv/channel/aipcafe-streaming
でやります。

明後日(12月14日)は、九州Ruby会議01が開催されますが、
そのうち、
10:55分くらいから の AIPの活用法 で、
岡部さんが講演されます。
僕が関係しているAIPS:III:Sが後援もしてます。

この日は一日中ストリーミングも、
http://www.ustream.tv/channel/kyushu-ruby-kaigi
でやります。

土日の予定がまだ決まっていない方は、是非ご覧になってください。

よろしくお願いいたしま〜す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週水曜日(19日)はAIPカフェへおいでくださいませ!

今週の水曜日(19日)は、最近Seasarファウンデーションをお手伝いしたり何だりで何かと絡むことが多い、栗原さんにAIPカフェにて、AIPコミュニティの定例会で講演いただくことになりました。
お題は「オープンソースコミュニティとビジネスの光と影」、詳細は栗原さんのブログにあるので、見ていただくとして、AIPコミュニティのMLにながした紹介文を掲載。

■題目  オープンソースコミュニティとビジネスの光と影

■講演者 Seasarファウンデーション 代表理事
     サイオステクノロジー株式会社 執行役員
     栗原 傑享 様

■日時  平成20年11月19日(水) 18時30分〜20時00分

■場所  福岡市中央区大名1−14−28 松村ビル302号
     aipカフェ
     (ただし、30名程度の広さのため、出席者多数の場合は場所を
      変更することがありますことを、あらかじめご了承ください)

日本最大級のオープンソースコミュニティであるSeasarファウンデーションの代表理事であり、日本最大級のオープンソースビジネス会社であるサイオステクノロジー株式会社の執行役員でもある栗原さんを迎え、オープンソースコミュニティやビジネスにまつわる様々な知見をお話しいただきます。

昨年来続く福岡のIT系コミュニティの盛り上がりに対しても、一家言ありそうな栗原さんのお話!必見です。

定例会終了後に簡単な懇親の場を(参加費2,000円くらい)を設けたいと存じますので、ふるってご参加ください。

面白い話が聞けると思うので、当日福岡にいらっしゃる方は、是非ご参加くださいませ!
(参加されたい方は、community-manager@npo-aip.or.jpまで、「お名前、懇親会出席の有無」を添えて、メールください)

ところで、AIPコミュニティの定例会だけど、毎月第三水曜日18時30分〜を基本に、ほぼ2年間くらい続けてやってきている。AIPコミュニティ自身が雑食系なので、ロボットの話があるかと思うと、デザインの話があり、で、大学の先生や社長など、様々な職種の方が講演したり、集まったりしている。ゆるい感じでやっているので、是非来てみてください。

関連した話だけども、先週木曜日は、麻生教育サービスの柴田さんに呼ばれて「選ばれる会社と儲かる仕組みづくり」なんて大層な題名の(笑)パネルディスカッションのモデレータをやった。
グローバルブレインズの森社長やFISAの企画調査委員長であるインフォセンスの長生企画管理部長、QNESの貞方教育ビジネス部長といった、いろいろ関わりのある皆さんとのパネルだったので、和気藹々としたパネルになったと思っている(聴いてくださった皆さんがどう評価しているかは別問題ですが(笑))。
その中で、森さんが力説していたのが、「まず動こう!」という話。森さん自身はRBCに参加してから大きく変わったって話をしていたけど、福岡にはいろんなコミュニティがあるので、皆さんが参加しやすいところから、参加してみると良いと思う。
これからは、ますます自ら動くこと、自ら考えること、そしてリスクを取ることが重要になってくると、実感したパネルでした。

※ホントは2つにわけたほうが良いような内容を無理矢理一つにした感があり、若干とっちらかってすいませんです。まぁ、水曜日是非参加ください、まず参加することが大事ですから!って纏めで勘弁ください(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジア太平洋フェスティバル 終了〜

すでに終わって二週間くらいたっちゃってますが(^^ゞ、前回ブログで書いたアジア太平洋フェスティバルへの出店はおおむね好評だったみたいです。熱心に話をきいてくださった方も多くて、WiFiに関する期待の強さを感じました。ただ、新聞にもとりあげてもらったりしてるんだけど、まだまだ認知度は低いみたいだなぁ、とこれはちょっと反省。
会社関係やコミュニティ関係の方にも多数きていただいて、大変うれしかったです。来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

我流さんのブログにも書いているけど、福岡市役所前のWiFi環境はホントに快適!です。こちらはしばらく(出来ればずっと維持できるように現在種々検討中ですが)実験として使えるので、是非皆さんも体験ください。

このフェスティバルにあわせて、ZINSの皆さんに作業していただいて、m-Linkってサービスを立ち上げてみた。これ自身は、もともとはRBCの勉強会から出た企画で、昨年からウチの松前くんらが暖めていたものなのだけど、当初は、天神・大名近辺で活発なライブやストリートパフォーマンスの情報を集めて、バンド名やライブハウスや日付で検索できるようにしよう、って企画だったんだよね。(その意味では、music Linkみたいな感じかな)でも、これって、見方変えると、例えば今回のアジア・太平洋フェスみたいなイベントのそれぞれの出店や催し物にも使えるのでは、ってことで、福岡市の皆さんにも協力いただき、データを収集し、ZINSさんに入力いただいて、実験的にリリースをしてみた(こうなるとmedia Linkとかになってくるかな、と)。今はアジアマンス(今月いっぱいいろいろとやっています。)の情報が入っているので、興味ある方はご覧ください。
これはもう少し整理して、ライブやストリートパフォーマンスをやっているアーティストの皆さんに使って貰えるサービスに育てたいな。

それとは別に、このフェスティバルの間、ちょっとした実験をしてみた。勝手にこのフェスティバルの見所を取材して、YouTubeにあげて、それを動画再生チャンネル(Google Siteでウチの会社の吉川さん、山本くんが突貫で作ってくれました)としてまとめてUPするって試み。これ自身はほんとに突貫でやったので、動画をとったヒト(主には僕なのだけど)が間違えて上下逆さにとったものなんかが、そのままUPされていたりして、ちょっとなにな部分もあるんだけど、イベントと動画と写真みたいなのが、うまくリンクして、それがWiFi端末から見られる、あるいはどんどんUPされる世界になったら、結構面白いなと思っているところ。このアイデア自身は良いセンいってる気がするので、もう少し煮詰めてみたいな。たとえば、海外では既に発売されているeye-fiも、年内に国内でも発売されるみたいだけど、こいつとさ、今回作ったm-Linkとかを組み合わせると、良い感じのコンテンツにならないかなぁ、なんて考えている。

月曜日にFONの千川原さんとも、いろいろ話をしたんだけど、WiFiってホント面白いよなぁ、って思う。
これを街つくりとあわせて、こんな風に提案して、実現できる環境があって、ささえあえる仲間がいて、それに参加できていることの幸運を感謝せずにはいられない。
これからも一歩一歩先に進めていこうと思った5日間でした。

最後に、突貫で準備したり、5日間ブースにたっていただいた関係者の皆さん、ホントにありがとうございました!これからもよろしくです!!

P.S.
ちなみに、動画再生サイトで人気があったのは、コミュニティ関係でお世話になっているmayurarさんの民族衣装姿や、ウチの川上さんのチャイナドレス姿でした。確かに結構民族衣装をきていらっしゃる綺麗な方が多かったので、来年はこれを特集したサイトを作っても面白いかもな(と、既に来年のコトを考えていたりするのでした(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日からアジア太平洋フェスティバル!

このBlogでもいろいろ話をしている天神・大名WiFi化だけども、着実に前に進んできている。
AIPとして、NPO支援事業を福岡県から採択してもらったり(知事にもだいぶ期待されているみたい)、この一つ前のBlog(なんと一ヶ月以上前(スイマセン))でも書いた天神・大名WiWi化プロジェクトみたいのが始まったり、と、ますます地元に根ざした活動になろうとしている。

そんななか、今日10月9日(木)から13日(月)まで開催されるアジア太平洋フェスティバル2008に、天神・大名WiFi化プロジェクトも参加することになった。

実はこのBlogにも書かなきゃいけなかったんだけど、福岡市役所ふれあい広場周辺が完全Free WiFi化されました。(ここは今までと違ってFONではなく、Ciscoさんに協力してもらってWiFI化したんで、結構な広範囲がWiFi化されてます。広場はもちろん、 IMSの前や、市役所に並んでいるオープンカフェ、大丸のパサージュ広場の入り口(ここに入っているオープンカフェも広場に近いところならつながります))
で、そのふれあい広場でやるイベントということもあって、福岡市さんのご協力もあり、でこちらに参加できることに相成った次第。

ここの①ハワイとなっているブースに、プロジェクトメンバーが詰めているので、是非Free WiFiの使い心地を試しに、遊びに来てくださいませ〜
この看板(SIIIS(っていう名前のデザイナ組織をウチの会社内に立ち上げる予定。この話も近々しますね)の吉川さん作成)が目印です。

簡単なアンケートに答えると、FONルータやCiscoさん提供のMy箸(かなりお洒落です。この周りのブースでやっているアジア各国の出店ですぐ使えますよ〜)、プロジェクト特製(プリントはプロジェクトメンバがアイロンを使ってやりました(^^ゞ)Tシャツが当たりますので、こちらも是非ご回答ください!!

ではおまちしておりま〜す

A1panel3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

wanir.jpにいってきました

先週の土曜日(23日)は、山形でWeb系の開発をやっている武田さん(武田ソフト)に誘われて、wanir.jpの第三回勉強会に参加してきた。

山形を中心に活躍するWeb開発者のコミュニティです。2008年6月に発足しました。
月に一度のペースで勉強会&飲み会を開催していく予定です。インターネットやコンピューターに興味のある方ならどなたでも参加できます。
どなたでも、どんな話題でも、楽しく気軽に発表していける場にしていきたいと思います。

wanir.jpとは より

天神・大名WiFi化プロジェクトの話をして、ということだったんで、なんで僕らがこれをやっているのか、とか、今どんな状況なのかとか、僕の中ではつながっている話なので、AIP Cafeの話だとか、いろいろ質問もあったりして、たっぷり2時間くらいかなぁ、話をしてきました。

僕が伝えたかったのは、結局、世の中出来ない事なんて少なくて、やってみたら、案外いろいろできるもんだ、ということと、ヒトに頼るんでなく、自分で行動したほうがいいよってことなんだけど、武田さんや実際に山形でWiFi使ったプロジェクトを企画している鈴木さんはじめ、皆さんには、ちゃ~んと伝わったみたいで、嬉しかったな。

福岡も含めて、いろんなところでコミュニティ的なものが立ち上がってきているんだけど、福岡だったら福岡の、山形だったら山形の、「そこにいる人」たちが、自発的に出来るようにする環境を整えることが、本質的にはすごく大事なことだと、僕は思っている。それが理解できないんだったら、地域のコミュニティなんてすべきじゃないとさえ、僕は思う。
会長とか事務局長って立場のヒトはさ、それこそ、纏める役割を担うだけでさ、その人たちだけでやることを決めるってのは、すごく僕には違和感がある。(特に僕らのように東京から地方へ来ているならなおさらだね)

どうやって、自発的に動いてもらうかのお膳立てをする(自発的ってのは、例えば勉強会の手伝いをする、ってことじゃないよ。勉強会そのものの内容を考えるとか、その勉強会やイベントの内容を元に、どうやって、地域にRealな目に見えるモノとして還元するかを考えるとか、そういうことだね)ことが出来るといいなと思う。その一環が、天神・大名WiFi化で、AIP Cafeだったりしていて、だから僕の中では、この2つはすごくつながっているわけだ。

(ちなみに、これは実は会社でもいっしょでさ、社長や役員だけが考えるような会社は、これからの社会においてはNoなんだろうな、と思う。全てのヒトが、自発的に考える組織をどう作るかが、鍵になってくるんだろうなぁ、って思っている)

ところで、天神・大名WiFi化の話って、ありがたいことに、いろんなヒトが興味を持っていてくれるので、最近、くわしく話をすることも多いんだけど、この話って、結局、どんだけコトの本質がわかっているかどうかで、全然伝わり方に違いが出てくるなぁ、って最近感じている。
WiFiなんてIT系のコトバが入っているので、誤解されることもあるんだけど、WiFiってのは、このプロジェクトにおいては、実は手段でしかない( ※)と僕は思っている(もちろん大事な手段ではあるけど)。

こいつの根本にあるユニークネスは、ITと町おこしの融合で、それを、草の根的に行っていることがミソなわけだ。
今、このプロジェクトに活発に協力してくれているZinsの吉良さんが、「天神・大名WiFi化であなたも店をWiWi化しよう!」ということで、天神・大名WiWi化プロジェクトっていうのを始めてくれているんだけど、こんな風に商店街の方がITを使って、どうやって自分たちのビジネスを活性化していくかということを考えるようになったら、このプロジェクトは、一つ大成功なんだと思う。

そして、IT系の目から見るとさ、この環境を使って、いろんなサービスを作ってみる、壮大な実験場って考えると(しかも、店主の人たちも積極的に参加してくれる)、すごく可能性があるって感じれると思うんだよね。僕もいろいろこの環境を通じたサービスを考えてみているんだけど、日々その考えが進化してきていて、ワクワクしているとこ。

その意味では、この活動はさ、結構コミュニティに参加することのメリットって何?みたいなのを頭で考えて、参加する類の人たちにとってみると、結構メリットが見えがたい活動なんだろうなぁとも思いはじめている。メリットがヒトから与えられる類の活動でなくって、この活動に参加して、考えて、その結果、天神・大名自身やこのプロジェクトに関わっている皆さんがRealに変わる、これを体験できること自身がメリットだからね。だいたい、自分たちの活動で、Realに街が変わっていくってことを経験できることって、少ないんだと思うんだよね。そういったことを経験できる、あるいは考えることが出来るってことに意義を感じればさ、例えば今回のwanir.jpのみんなのようにさ、自主的に、自分たちで意義を見いだして活動しはじめるんだと思う。僕はそういった人たちの思いをつなげて、サポートできれば、いいなと思う。その思いの集合がさ、きっと、地方を、日本を変えるって、僕は信じているからね。

※まぁ、もう少しいっちゃうと、ITなんてそもそも手段でしかなくってさ、これを主語にするのは土台無理があるわけだけどさ、最近巧妙にここら辺をごまかすSIerが増えてる気がして、何だなぁと思っている。周りを見てもさ、これからはWebの時代です、サービスをどんどんβ版でいいからやっていきましょう!ってことを言っていながら、提案内容を見ると、Server代とプログラマーの費用が殆どで、コンテンツに回る費用が全然ない、みたいなさ、そんな提案をしてる人たちが結構いるみたいで(実話)、こんな話を聞くと、そいいった人たちは、やっぱりITは主語って思っちゃってる、古いタイプのSIerなんだろうなぁ、と、思ってもみる。その意味で、ITの敷居がひくくなってきた今こそ、ホンモノを見抜くITリテラシーを、サービスを利用するヒトや、発注するヒトが持たないと、結構失敗しちゃうんじゃないかなぁと思う。そこら辺を啓蒙する活動なんてのも、OSACテンプレートみたいな形で、ウチの会社としてもやっていたりするんだけど、そういった話はAIPを通じても、いろいろ研修していくといいんだろうなぁ。岡部さんと少し考えてみよっと。

う~ん、何か山形にいったことを書いていたはずが、とりとめない話になっちゃったなぁ。(はしもとくんの考えようによっては重たいブログを読んだ影響もあるのかもしれない)
皆さん、どんな感想を持ちました?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

AIPカフェはじめました〜

う~ん 更新が出来ずすいません。
どうも出来事を纏めて書くより先に、現実の話が先に進んでいって、書くタイミングを逸している気がするなぁ。
と、言い訳はともかく。

少しずつでも書けるときに書いていこう。

ということで、既にオープンから一月くらい立ってしまいましたが、前回のブログで書いたように、NPO法人高度IT人材アカデミー(通称AIP)の事務局次長を引き受けることにしたのですが、その活動の一環として、「AIPカフェ」なるものをオープンしました!
AIPカフェって何?って話ですが、そもそもはCGFMの我流さんたちはじめ福岡のITコミュニティメンバーが言っていた「ルイーダの酒場」を現実にしたものになる。(ルイーダーの酒場そのものを説明している文書があったので、転載 こんなWeb頁があるんだなぁ)

「ルイーダの酒場」
「ドラゴンクエストIII」にて、アリアハンにある酒の飲めない酒場。勇者がパーティの仲間を探す為に使う。戦闘中にバシルーラで飛ばされた仲間は何故かここに戻っている。おそらく「ウィザードリィ」のギルガメッシュの酒場が元ネタFrom ゲーム業界用語辞典

 

まぁ、要するに、コミュニティメンバー同士で気軽に打ちあわせたり、勉強会したり、話が出来たりする場所ってのが、なかなかないので、それを作ろう!って話が発端になってるんだよね。飲み屋でもいいんだけど、エンゲル係数高くなりすぎちゃうし(^^ゞ、営業時間ってやつに左右されるし。フリースペースとかでもいいんだけど、運営者に連絡して、借りて、ってのは面倒だし、何より気軽に集まるってのが出来ない。

そんなこんなの使い勝手の悪さを解消して、それこそルイーダの酒場の説明にあるように、パーティーの仲間(一緒に何かを始める仲間ってことかな)を探せるような、いつもそこにいけば誰かがいて、何かが議論されて、何かがうまれるような場所、ってのを目指して、オープンしました。

まだ鍵が普通の鍵なので、AIPの事務局のメンバーに開けてもらわないと開かないという状況なので、今ひとつなのですが、今月中には、Webを利用してワンタイムパスワードみたいなのを発生させる電子キーみたいな仕組み(Zinsさんに作ってもらっています。導入された後は、その仕掛けじしんはリアルにAIPカフェでみることが出来るので、見てみてください。結構メカメカしているので面白いと思います)を入れて、AIPの会員の人なら誰でも開けられるようになる予定。(利用は別に会員の方でなくても、誰でもOKですよ)是非気軽に使ってほしいな、と思っている。

使う人で自由に使ってもらいたいので、どう使うかは、それぞれの方に委ねようと思うんだけど、企画した側の勝手な思いを書くと、ウチの山本くんがこないだ1000Speakers @長崎 で話したように、

AIP caféが目指したいことは、その場で何かが生まれ発信されるということです。

例えば、オープンソースのプロダクト
例えば、Webサービス
例えば、Webデザインのプロジェクト
例えば、天神・大名WiFi化計画のようなムーブメント

自由に集まり、自由に行動することができる、この“AIP cafe”という場をフルに生かして、創造力豊かな活動を行って欲しいと考えています。

AIP Cafe ー交流と発信の場ー 1000Speaker @長崎 より

てな感じで、人とつながり、そのつながりが何かの創造活動につながっていく、ってことができる場になってくれると嬉しいなと思っている。

実際のオープンにあたっては、ウチの山本くんが結構いろいろ調整をしてくれて、紺屋2023ってプロジェクトの一環としての位置づけももてるようになった。

紺屋2023自身も面白いプロジェクトでさ、その住人の一人として、いろんなまちづくりに参加できるといいなと思っている。
前のエントリにも書いたけど、個人的には、まちづくりとITって実は本質的なところであんまり結びついていないと思っていて、そこを結びつけることで、本当にそこにすんでいる人にとって面白いサービスが生まれてくるだろうって、思う。

まぁ、そんなわけで、是非、お気軽にご利用してくださいませ!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Shortですが、宣伝です

と、Short Noticeで申し訳ないですが、今週の22日(火)〜23日(水)に天神・大名WiFi化プロジェクトの宣伝をします。詳細はこちらで確認ください

当日福岡へいらっしゃる方は是非足をお運びくださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«AIPの事務局やります!