« お宝写真? | トップページ | 東京⇒福岡⇒仙台!! »

Ruby Business Commons 設立総会!

5月末くらいから関わってきたRuby Business Commons(Rubyビジネス・コモンズ~が、いよいよ設立総会を開催できるようになった。詳細は添付のファイル(「ruby_business_commons_ver1_3.ppt」をダウンロード )を参照してください)
EC-ONEの最首さんの熱い思い(http://blog.saishu.jp/archives/50995530.html参照)が、実現の大きな要因であることに疑いはないが、この取り組みを福岡で始めたというのも、このような取り組みがかくも早く設立までにこぎ着けられた大きな要因だったように思う。

最首さんの、そしてこのBusiness Commonsの提唱する「クリエイティビティを最大化するためには、個別企業がノウハウを内部留保するよりも、積極的にコミュニティに開示し育てあげていくほうが効果的」(最首さんいわく『ホリスティックアプローチ』と呼ぶそうだが)という考えは、まさに一つ前の私のブログに書いた「共通基盤」の考え方、そしてAIPコミュニティの考え方に呼応するもので、こういった取り組みを受け入れる土壌が、もともと福岡の気質にあると考えるべきなのだろう。
そもそも、昔頼まれた「統計福岡」の巻頭エッセイものにも書いたことだが、福岡は昔からアジア交易の窓口となっていたことから、「おおまん」な気質を持っており、新しいものを受け入れ、それを自分たちのものにすることがうまい地域なのだと考えられる。そんな独特の開放性と進取性を持った地域だからこそ、自分たちにものにしたノウハウを、他のヒト・地域と共有して、さらによいモノを作っていくという考えも、すんなり受け入れることができたのだと考えられる。

まぁ、そんなごたくはともかく。

Rubyを作ったまつもと氏、国内最大級のRubyユーザーである楽天の安武CPO、そしてJRUBYの開発者であるSun MicrosystemsのThomas Enebo氏、福岡県から麻生知事という、全国の技術者が刮目するような講演者をそろえた設立総会を、東京ではなく福岡で実現できるということが素直にうれしい。一個前のブログでもも書いたが、こうやって地方発の日本・アジア・世界へ向けた活動を、これからもいろいろサポートしていきたい。
(私もAIPコミュニティの代表として、パネリストとして参加します。ささやかながら協力できれば、と思っています。)

これからの地方のいやITビジネスそのものを変える可能性を秘めたモデルのスタートを目の当たりに出来る機会だと思います。
是非皆さんも参加ください。
参加申し込みは以下AIPコミュニティのHomepageの「イベント」からどうぞ!
http://www.npo-aip.or.jp/aip-community/

|

« お宝写真? | トップページ | 東京⇒福岡⇒仙台!! »

コミュニティ」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55996/15739575

この記事へのトラックバック一覧です: Ruby Business Commons 設立総会!:

« お宝写真? | トップページ | 東京⇒福岡⇒仙台!! »