« ドリコム・ノック 視界良好!! | トップページ | 長崎は今日も熱かった »

自治体職員さんからの手紙

以前書いたブログについて、自治体職員さんからメールが来ました。
かなり長文だったんだけど、個人的に共感できる内容が多くて、皆さんにも是非みていただきたかったので、承諾をとって、個人情報が特定できそうなところはぼかして、このブログに掲載することにした。
是非目を通してほしい。

1社なのか、マルチベンダーなのか。結果的に1社随契でも構わないのですが、
要は、調達に対してどういう姿勢を持っているか、ということに尽きると思います。
自分たちは何をしたいのか、そのための道具としてシステムをどう使いたいのか、
そのシステムにはどういう機能が必要なのか、という論議を尽くして、その結果、
1社に任せるでもいいのです。ただ、そういった論議や求める機能の吟味をやら
ないで、ベンダーの営業の話を鵜呑みにして決めてしまうことが良くないのです。

責任持ちたくないんで、自分の意思で決めたくないんですよ。そういう仕事で
面白いんかぃ!と突っ込みたくなりますが、自治体では「やれない」「できない」
を上手に説明するやつがエラクなります。しないで済ませるのが、重要な仕事です。
いろいろ新しいことをやろうとすると「失敗したら誰が責任持つんだ」「私です」
「お前が辞めても責任は取れん」(「だったらいいじゃん。やらせてよ。自治体で
責任云々で辞めたやつは、見たことがありませんぜ」と心の中でつぶやく私)
結局は「お前が勝手にやったんで、私は懸念を示したぞ。議事録に残せ」と失敗
したときの自分の保身のための逃げ道。失敗したら大騒ぎをするくせに、うまく
いったら見て見ぬ振り。自分の手柄にされるよりましとはいえ、まぁ、これまで
よくやってきたものよと、我ながら感心感心。

こういったことは自治体の職員意識に問題があるんです。要はみんな、休まず
遅れず働かずを期待して、就職した人たちなんですよ。公務員にやる気を期待
してはいけません。時々サムライがいても、これを皆で寄って集って、出た釘を
打ち込んじゃう。みんな仲良く一緒が一番、違うことを考えているやつは異端児
なんです。そのために、何とか目立たないようにしよう、周りと同じ事をしよう、
ということばっかり気にして、声の大きいやつに従っちゃうわけです。影に廻って
不満を言ってても。なんせ自分の上司も、ちょっとしたことを決めるのにも「県下
全ての団体の状況を調べろ」なんて指示を出すんですから、部下が決められるわけ
がありません。つまんないことをさもさもノウハウみたいな顔して指示されると、
ぶっ飛ばしたくなるのは、私だけではないでしょう。オイオイ!

合併の協議のときに(結局破談になりましたけど)●市の部長が「自治体は絶対
失敗してはいけない。だから、新しいことをやってはいけない。みんながやった
後を付いて行けばいい」と言ってました。自治体間競争なんて頭の隅にもない人
でした。いまでも考えは変わってないんでしょうねぇ。もし、そういう人が上司
でいて、その考えを教え込まれていると「新しくしない」「自分は考えない」
「誰かの責任にする」となって、1社にやらせれば苦労もないじゃん。となるのも
しょうがないのかな。と思います。

自治体の担当者として「これは俺がやったんだ」と孫に話せるような仕事を一つ
ぐらい残したいものです。自分が担当した直後は、仕事に対しいろいろ疑問を
感じたり、こうやればもっと楽なのに、と思っていたのに、不承不承でも今までの
やり方でやらされているうちに、それに慣らされて、結局なんの変化も進歩もない、
という文化を変えたいものです。自分の経験からですが、夢にも出るぐらい考える
と、必ず啓示があるものです。幸運の女神の前髪を掴みましょうぞ。

どう?自治体職員さんも変わってきているなって思わない?
自治体もサービス業だって考えれば、当たり前の話だよね。
自分たちがほしいモノっていうのを明確にして(たとえば鳩ヶ谷市さんであれば、「総合窓口」で、総合窓口を作りたいから「共通基盤」だったわけだけど)、ガバナンスをきかせながら、調達をしていく、これが大事だと思う。

そんな自治体さんを応援できるような活動をこれからも続けていきたいと思っている。

|

« ドリコム・ノック 視界良好!! | トップページ | 長崎は今日も熱かった »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

胸がきゅぅんとなるお手紙ですね。
昨今のITマネージャーも、こういう「責任の取り方」になりつつあって、その責任の転嫁先が下っ端プログラマだったりするところが、実は似ているかもしれません。
杉山さん、ごそっと変えちゃって下さい!

投稿: 武田ソフト | 2007/08/22 22:04

IT分野でコンサルタントの出来ることって、実はとっても多いように思っています。クライアント、ユーザー、ITベンダー、開発者、デザイナ・・・RBCの活動を通じて、皆をどうやってつなげて、楽しくわくわくしながら、仕事を出来る環境を作っていけるか、朧気ながらわかってきたところがあります。
そういったことを、うまく還元して、みんながHappyになるようなことを出来れば、と思います。
東北、盛り上げましょうね。(日曜日の勉強会はRBCの説明しに伺う予定。ヨロシクです。)

投稿: 杉山(Flight) | 2007/08/23 05:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55996/16201627

この記事へのトラックバック一覧です: 自治体職員さんからの手紙:

« ドリコム・ノック 視界良好!! | トップページ | 長崎は今日も熱かった »