« デザイン at Fukuoka | トップページ | 福岡のコミュニティ »

FON × Fukuoka × Free

結構いろんなところで記事にしていただいたので、もうみていただいたかもしれないけど、先週10月25日に、FONとRBCにて、「九州地域におけるWiFiを活用した地域貢献プロジェクトで提携」ってリリースを出した。FONさんのご好意で200台のFONルーターを提供していただき、これを天神・大名をはじめとした九州地域に配置して、WiFi網をつくっちゃおうって話だ。

※実はずいぶん前から記事になっていたんだけど、これを正式にリリースした形になるかな。

で、これを記念してというのと、福岡の記者にこの話について懇談会をするために、フォン・ジャパンから、千川原チェアマンと、ニナ・ニックCOOが来福してくれた。
Rbcfon

RBCの福岡メンバーが中心になって、出迎えてさ、その中で「ニナさん杯争奪自己紹介大会」な~んてのをやってみた。要するにニナさんにさ、自分をアピールするってだけのたわいない話なんだけどさ、それだけじゃつまんないから、FONに期待することとかも一緒にいれて、プレゼンしようぜってことしてみたんだ。

で、僕がその中で話したのが、このBlogのタイトルに関する話。
僕が人生でもっとも重要と考えているモノの一つが「自由」だ、そして、FONはWiFi環境の縛りから自由に、福岡も昔から商業都市・自由都市として自由闊達な文化を築いてきた、FON と Fukuoka と Free(自由)って、凄く相性がいいと思っている。僕は、そんな環境で、この動きに関わるRBCのみんなの、そして福岡に住む皆さんの、FONの皆さんの自由を守るために、精一杯がんばっていきたい、みたい話をしたんだ。

自由でいつづけるのってさ、実はすんごく厳しいことなんだよな。自由にしたくない色々な既得権益や、ヒトたちの理屈をはねのけなきゃいけない。そして、当然自由になるためには、様々な義務をキチンと果たさなきゃいけない。そんな風に歯を食いしばって、悔しい思いや、ふがいない思いもいっぱいしてさ、そうやって自由ってものを獲得していくんだと思うんだけど、僕は幸いなことに、周りのヒトにすごく恵まれて、周りの人の助けを借りながら、自分が自由だって言える環境を手にしている。とっても厳しけど、とっても楽しい毎日を過ごしている。

そんな風に、いろんなしがらみがある地方の人にもさ、自由になってほしいんだよな。だから僕は、今コンサルティングって仕事をしているんだ。
自由になりたい希望を持っているヒトを自由に出来る手助けをしたい、思いを持っているヒトの思いを思うがままに実現できる手助けをしたい、そう思っている。そして、そういうことが出来るの職業の一つが、コンサルタントだって、本気でそう思っている。
こんな風に自由な人生を送らせてくれていることに感謝して、そのご恩返しをしたいと思っている。いろんなヒトに助けられて、自由になることができるんだってことを、自分だけ、自分の組織だけ(いわゆる主語が「私」(あるいは「弊社」って奴だね)じゃホントの自由になれないんだってことを、僕の経験を通じて、少しでもいろんなヒトに伝えて、そしてホントの自由を味わって欲しいと思っている。(だから、ホントに自由なヒトの主語って「私たち」なんだと思うんだ。)



RBCの活動を通じて、いろんなヒトが夢みてるんだよな。FONの皆さん、行政の皆さん、福岡に住んでいるヒト、長崎で働いているヒト、RBCを始めたのは、数名のヒトだったかもしんないけど、もう、RBCって、そんな風に関わっている、みんなのもんなんだよな。最近、強くそんなことを思う。そんなみんなの夢を見る自由をさ、そんなみんなの思いをさ、少しでも現実に、結果にできるよう、僕が出来ることなんて、ちっぽけかもしんないけど、全力で守って、支えていきたいと思ってるんだ。

このリリースの次の日には、RBC長崎が正式に発足した。RBC長崎の会長やっている三海さんも、長崎をもっと素敵な場所にするために、精一杯がんばりたいっていってた。

そうだね、一緒にがんばろう。夢見る自由を守るためには、思いを実現するためには、歯を食いしばることもあるさ、辛いときだってあるさ。端から見ると危なっかしいことも、リスクが多いこともあるかもしれない。でも、僕はそれを否定することから始めたくない。だって、こんな風にワクワク出来る環境が東京以外であるってそうそうないんだよ。

それが不格好だろうと、稚拙だって言われようと、リスクが大きいからやめておけって言われようと、そこに住んでいるヒトたちがやりたいことなのであれば、僕はそれを支えていきたい。
何とかなるさ。何とかするよ。やろうぜ!


え、で、自己紹介大賞は誰がとったって?勿論(?)、僕がとったよ(自慢)。でもさ、ニナさんがさ、勝手に特別賞って作ってね。福岡CSKの人見くんに特別賞を贈ってた。
千川原さんとかさ、こういうのって特別賞のほうが本命なんだよね、なんてニヤニヤしてさ。なんだよ、俺当て馬かよ。ま、いいか。みんなが楽しんでくれたんだから。

|

« デザイン at Fukuoka | トップページ | 福岡のコミュニティ »

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

杉山さんのいう自由って素敵ですよね。
以前、竜馬のお店で言われていた、自分だけが自由であるだけでなく、相手にも自由であって欲しい。
そんな風に考えてる人が自分の身近にいるってとても幸せだなーと思います。RBC長崎も頑張ります!

投稿: 3kai | 2007/10/29 23:14

三海さん、コメントありがと。
RBC長崎、設立ホントおめでとうございます。
自由ってね、勝手気ままでもないし、意固地でもないし、柔軟で、複線的な、とても難しいけど、とても素敵な状況だと思っています。
RBC長崎も、龍馬を世界に羽ばたかせたみたいにさ、いろんなヒトを育める自由なコミュニティになるといいですね。
一緒にいろいろがんばりましょう!!

投稿: 杉山(Flight) | 2007/11/04 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55996/16905499

この記事へのトラックバック一覧です: FON × Fukuoka × Free:

« デザイン at Fukuoka | トップページ | 福岡のコミュニティ »