« イノベーション“さが” | トップページ | お疲れ様! »

ようこそ福岡へ!

ちょっと遅くなっちゃったけど、報告を。
以前僕のブログにも登場してもらった、鳩ヶ谷市の望月さんだけど、11月8日から、福岡県 高度情報政策課の情報企画監として、福岡にやってきました。

昨日、そのブログでも登場している、マクドナルドの溝江さん(元福岡県 行動情報政策課 情報企画監、つまり望月さんの前任なんだよね。)と呑んだんだけど、そこでもこの話になって、とっても盛り上がった。とある方が、望月さんが福岡へ赴任される際に、「望月さんは市町村のみんなにとっての勇気だと思う。望月さんの背中を全国の市町村が見ている。みんな応援してるからがんばってください」っておっしゃってくれたって話をしててさ、なんかわかるよなぁ、って思ったんだよね。

望月さんがいた鳩ヶ谷市ってとこってさ、人口も5万人強、職員さんも500人前後の小さな自治体なんだけどさ、やっていることは凄く先進的でね。これも前に書いた戦略研フレームワークの前身となっている福岡県電子自治体共通化技術標準の本質を、市町村の皆さんがまだ見定めている状態の時に、一人その価値を理解して、さっと利用して、「鳩ヶ谷基盤」ってみんなが言っている、市町村さんにとって、凄く使いやすい共通基盤をつくっちゃってさ。(勿論これは、RKKコンピューターサービスさんの確かな技術のサポートがあったからというのもあるけどね。)
僕は、鳩ヶ谷基盤の仕様書作成の時からのおつきあいなんだけど、今でも、最初にあったときの衝撃は忘れないなぁ。こんなに革新的で熱いヒトが、こんな小さな(失礼!)自治体にもいるんだなぁって。で、それからは、この人の実現したいことを実現したいって思って、昨年度は、とうとう一緒に実証実験までさせてもらっている(この総合窓口の話も、話すとながいから、また別の機会に説明は譲るけど、ホント望月さんらしい、凄い構想なんだよね。)
今でこそ、自治体の誰もが共通基盤って話を口にして、総務省さんも、自ら「地域情報プラットフォーム」って国と地方そして、民間企業を結ぶ基盤を作ろうとしてるけどさ、望月さんが採用しようとしたときって、自治体の皆さんも、ベンダーの方々も、殆どの皆さんが、こんな話は理想論で、実現なんか出来ない、お金ばっかりかかるなんて話をしててね。そんな中一人敢然と、その常識に立ち向かって、サクッと、それこそサクッとさ、鳩ヶ谷のシステムを、共通基盤を中心としたシステムに作り替えてね。格好いいよな、そういうのって。誰もが出来るモノではないよな。だから、その自治体のヒトも、そんなヒトが鳩ヶ谷基盤のオリジナルを作った福岡県にいくことを、「市町村にとっての勇気」って表現したんだろうな。

そんな望月さんの早速の大仕事が、新ふくおかIT戦略の策定になりそうだ。
僕も事務局として参加させてもらってるんだけど、AIPコミュニティ会長の岡部さんとか、RBCの最首さんとかにも委員になってもらって、コミュニティに参加してたり、福岡に住んでいる皆さん、働いている皆さん、そこで事業を営んでいる会社の方々と「共創」できて、「自律的に発展できて」そして「革新的な」戦略を作ろうとしてる。
望月さんの戦略眼も活かした、今までとはひと味違う戦略を作れるよう、僕も全力を尽くすつもり。

溝江さんとはさ、こんな大事な事件を記事にしない九州の新聞はなっとらん!な~んて、酔っぱらった勢いで、話してたけどさ、ホント、福岡に、九州にとって、凄い事件だと思う。こんな素敵な事件を、福岡に、九州にもっともっと波及できるよう、僕もがんばっていきたいな。

ということで、望月さん!ようこそ福岡へ!!よろしくお願いいたします。

|

« イノベーション“さが” | トップページ | お疲れ様! »

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55996/17102438

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ福岡へ!:

« イノベーション“さが” | トップページ | お疲れ様! »