« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

呑み会ラッシュ4 FWWそして福岡の、九州のコミュニティの今後

さて、呑み会ラッシュとしていた一連の話もこれでいったん終了。
(って、書きそびれてたら、あっというまに年の瀬になってしまいまして、かなり昔の話になっちゃったけど(^^ゞ)
こないだの土曜日(12/22)は、FWWの今年最後のイベントとして、「FWW Weekend Seminor Vol.3」があった。

僕は観客として参加。今回はWebディレクターの人たちが「クリエイティブ現場監督の会」と題して、座談会形式で仕事の中身とか、現場の状況とかを話す内容でした。「Webディレクター」ってヒトが何をやっているのかが、Realにわかって、非常におもしろかった。コンサルタントとかなりにてる部分があるけど、さらに現場よりって感じかな。とはいえ、いろいろ話している話は共感することが多かったなぁ。みんな若いのにしっかりしている!(というとなんだか僕が年寄りのようだが(苦笑))

最後にFWWのみんなの好意で、少し時間をもらって、FON×RBCの取組の説明をさせてもらった。今FONさんとRBCを中心に、天神・大名をWiFi空間にしようという取組をしているんだけど、その一環として、FONさんから、なんとRBCやAIPコミュニティという福岡のコミュニティに対して、200台のルーターを無償提供!!いただいたんだ。
RBCのみんなで相談して、以下の3つの誓いを守れるヒトには、誰でも配布しようって話になって、それの第一弾としてFWWの今回のイベントに、FONルーター40台を持ち込んだ。

みんなに取組の話したらさ、すごい盛り上がってくれてさ、自分の家とかに置くというだけでなくて、天神・大名の設置にもいろいろ協力したいって。うれしかったなぁ。来年早々から、こんな風に興味もってもらってるメンバーと一緒に、設置しようって話になった。
そうだよな。大事なのってさ、どのコミュニティがとか、どの会社が天神・大名をWiFi化したかでなくって、結果的に天神・大名がWiFi空間になることなんだよな。幸い、FONさんをはじめとした、いろんなヒトや会社・組織が、この二ヶ月くらいいろんな動きをしてきた甲斐があって、来年からは、本格的にWiFi化に向けた行動が起こせそうな気がしてきている。

考えてみるとさ、「福岡で」コミュニティをやってるのも、これと一緒なんだよな。どこのコミュニティがやっているかが大事じゃなくて、結局福岡が盛り上がる、開発者が盛り上がることがすごい大事。この日にFWWのイベントに集まってくれて、FONの話を聞いてくれたみんなは、それがRBCって団体でやってるかどうかに共感したんじゃなくて、福岡を楽しくしようってことに共感してくれてる。そんな風にさ、その土地その土地のみんなが楽しくなるような手伝いを出来れば、ホントいいなって思う。
そこにさ、福岡だったら、RBCらしさやAIPコミュニティらしさがあって、RBC長崎なら長崎らしさがあって、東北のコミュニティには東北のやり方があって、そんな風に、今年福岡で、九州で起こった流れを、他の地域に展開できるといいなって思ってます。

そんなわけで、題名に戻るけど、福岡の、そして九州のコミュニティは、今年ワーってすごい勢いで盛り上がったわけだけど、来年は、それをどうやってもっとRealにしていくかという意味で大事な一年になっていくと思う。
そして、それは地方発のコミュニティがどんな風に、その土地を、そして世の中を変えていけるのかの試金石になっていくんだと思う。
結構大変な話かもしれないけど、今年知り合った福岡の、そして九州のコミュニティメンバーなら、それを実現できるような気がしている。

この日にコアだったメンバーとは、年の瀬12/29にも会って、来年1月早々にやるイベントの話をしたんだけど、そん時にも、「福岡」ってキーワードを大事にしたいねって話と、来年はいろいろ考えて動かないとね、って話をしてた。天神・大名のWiFi化も、何人かと、あらためて来年話をして進めていこうってことになった。

ということで、頑張りましょう!>福岡&九州のコミュニティなみなさん

※まぁ、そんなこんなで、一週間ずっと飲み続けの日だったんだけど、ブログに抜けてる2日のうち、火曜日は社内での呑み会。金曜日は、福岡の市町村の電子化に奔走している現場の皆さんと呑んだ。こちらはあんまりにRealな話が多かったので(笑)、詳細に書くのはやめとくけど、そのとき何人から、ブログを読んでいる、って話をいただき、ありがたかったのと同時に、音楽の欄を見てくれてるって話が出て、ちょっとびっくり。結構マニアなのを聞いてるんですねぇって話から、ちょっと音楽話になった。
そういえば、音楽欄更新してないな。新年明け、きちんと更新することにしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呑み会ラッシュ③ 東北に開発者コミュニティを作ろう!ー丸山先生と呑みましたー

さて、木曜日

この日はJJUGの会長である稚内北星学園大学の丸山先生と打ち合わせ。
東北にコミュニティを作ろうって話を、最近このブログに何回か書いてきてるけど、実はその話の発端って、丸山先生のJJUGの動きを東北にも伝えたいって思いから始まったんだよね。でその話を名古屋でJava Edgeをやってる片山さんEC-ONEの川手さんが、ウチの会社が仙台にSIセンターがあるってことで、つなげてくれて、それから僕としては手伝い始めた話なんだ。

ということで、直接丸山先生と会ったことがなかったこともあって、この日が最初の顔合わせ。
僕自身、そしてこのコミュニティ立ち上げのために一回集まった東北の皆さんの思いとして、東北の開発者のためのコミュニティを作りたい、そのためには何かの技術に閉じることなく、いろいろな技術や、技術だけでなくビジネスにつながるような話もしていきたいんだって話を、僕自身のRBCAIPコミュ、それからFWWといった福岡でのコミュニティを通じて感じた話も含めて伝えたらさ、「そもそもJJUGも、「地方に閉じず」「技術に閉じず」「Javaに閉じず」という考えだからね、そんな方向でいいんじゃない。東北の皆さんが一番良い形が一番ですよ」ってね。いいなぁ、まさにそんなことを、RBCってやってるんですよって話しをしたら、「Rubyのまつもとさんとは最近、すごい仲良いんだよ」って話になってさ。なんかさ、結局、こんな風にコミュニティを動かそうとしてるヒトってさ、器が大きいヒトが多いよなぁ、って変なところに感心したりした。

東北のコミュニティを立ち上げるために、すでに丸山先生も東北に足はこんでいただいたみたいで、「今度はコミュニティが立ち上がる時に行けることを楽しみにしてる」ってさ。

もちろん、JJUGから始まってるんだから、Javaを中心にやっていきたいと思っているけど、Rails勉強会@東北のみんなとか、東北で知り合った開発者の人たちと、上手く連携して、福岡のコミュニティのように、大きく一つのムーブメントになるよう、育てて行けたらと思ってる。

打ち合わせの後はKick Offみたいな形で呑み会へ。福岡のコミュニティで知り合ったはしもとさんとか、岸田さん等々の話も出てきて、大いに盛り上がった。

東北で、うまくコミュニティが立ち上がるように、微力ながら頑張ろうと強く思った夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

呑み会ラッシュ② AIPコミュにて

水曜日はAIPコミュの今年最後の定例会。

今回は業務改革やシステム開発に関するコンサルタントとして活躍されている経営基盤デザイン㈱の代表取締役である床波さんに「ソフト開発からシステム開発への脱皮」というお題で話をしていただいた。
システム開発を効率的に楽しくするためには、再利用が多くできるような、業務の見えるか、システムの共通部品化が必要、って話で、まさに、福岡県さんと一緒にやっている「電子自治体構築技術標準」あるいは、昨日のブログにも書いた「戦略研フレームワーク」の内容とも、合致する話で、大変興味深く、かつ我が意を得たりという思いだった。
今後、そこら辺の話をする際には是非一緒にやりましょう!って話になって、大いに盛り上がった。

で、その後は、定例会後の恒例となっている懇親会へ。

となりにRubyist九州の会の会長である新井さんがいらっしゃっていて、随分話し込んだ。
なんで開発者でも無いのに、僕が開発者コミュニティの支援をしているのか、とか、技術者も経営者も顧客もみんな満足するためにはどんなことを考えればいいかと思っているかとか、そんなとりとめも無い話。新井さん自身も最近ビジネスに興味を持ってきた、ということで、興味深く聞いてくれた。コンサルタントってどんなことをやっているのかなんて話もしてさ、そんな話を、今度勉強会みたいにしてくれたら、是非聞きたいって言ってくれた。
そういえば、RBC長崎三海さんも、「イケテル コンサルティング 勉強会」みたいなのをやってくれないかって言ってたなぁ。そうだね、今年度中にちょっと企画して、一回やってみようかな。
自分は開発からは随分遠ざかっちゃってるから、実際に開発しているヒトから、そんな風に言われると純粋にうれしいなって思うんだよね。自分の経験が開発している皆さんの役にたてるよう、これからも微力ながらがんばりたいなって、意を新たにしました。

と、その新井さんだけど、今すごく重要な活動を始めている。Asiajinってサイトなんだけど、何で始めたのかって話は、新井さん本人がRBCに投稿したメールがとってもよく表現されてるんで、そのまま抜粋するね。

Asiajin.comという、英語でアジア(日本)のインターネットを紹介するブログを始めました。Asiajinという名前には「アジア人」という意味合いを込めています。なんと、あの有名ブロガーの秋元@サイボウズ・ラボさんとのコラボです。

サンフランシスコのTechcrunch40に行ったとき、あまりにアジアのインターネットは鎖国されていると思ったわけです。言語の壁もあって、日本のウェブサイトはアメリカでは全く知られていない。そのうえ、韓国人や台湾人などの同じアジアの人ともアメリカのカンファレンスで初めて知り合うような現実があります。

Techcrunch40で偶然ばったりあったサイボウズ・ラボの秋元さんと、そういう話
をしているうちに、「じゃあ英語で日本のインターネットを紹介するブログをや
ろう!」

となったわけです。

僕はアジアに住んでいる人同士が知り合って、Techcrunch40みたいなイベントが
できるといいなあ、とおもって「アジア」にフォーカスすることにしました。当
初は日本中心の記事構成になるとしても、将来的にはアジアの起業家や技術者同
士のつながりを促すような役割を持ちたいのです。

日本から世界で戦う人を応援したい、というのが強い思いです。

格好いいよなぁ。RBCもねらっている日本から世界へ!の思いを一足早くBlogって形で発信してるんだよね。
あ!そうそう。このBlogを読んでいただいている皆さんに一つお願い!このAsiajinってサイトをさ、海外のヒトにどんどん紹介してほしいんだ。日本の活動をさ、世界へ伝える協力を是非お願いします。それとさ、もしできたら、記事とかも投稿してほしいって新井さん、言ってた。世界へ伝えたい内容があったら、是非Asiajinをつうじて発信してください。よろしくお願いします。

RBCもさ、これに触発されて、少しづつRBCのサイトの英語化を進めているところ。AIPの事務局長である寄田さんが、設立趣意書をEmotionalな英語で英訳してくれた。
そんな風に、いろんな風に触発されて、みんなでどんどん先へ進めていくのがコミュニティの強さだよな。いいなぁ。

P.S.
まぁ、僕は10年以上外資系のコンサルティング会社にいたにも関わらず、英語はからっきしで、あんまりここは自力で協力できないかもしんないですけども、いろいろ宣伝しようと思っているんで許してくださいませ>新井さん

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

呑み会ラッシュ!① 戦略研フレームワークの今&ひがさんと呑んだ

世間はこの時期、忘年会シーズンなわけですが、僕のほうも忘年会というより、仕事のほうの延長線上でいろんな方と呑んでました。結構お伝えしたいことも多い話なのですが、長くなるんで、呑み会別に、ポストしますね。

月曜日は、以前このブログでも書いたOSACという団体でやっている、戦略研フレームワーク(仮称)の今年最後の打ち合わせ。2/29予定の本格リリースに向けた内容の精査なんてのを行った。僕とヘッドストロングの大野さんで作っている戦略研テンプレート(仮称)もやっと第0.8版をお披露目できた。

※戦略研テンプレートの概要・・・

さらに今、この基盤と対になるような自治体さん向けのシステム調達支援サービス(戦略研テンプレートって名前にする予定)も開発中。どんなふうにして、業 務機能を決めていくか、システムアーキテクチャを決定するか、というやり方を、サービスとして提供していこうとしている。
このサービスの対象者は 直接自治体さんというのももちろんあるのだが、主たるターゲットは、地場のIT企業を考えている。地場のIT企業が自治体へサービスを提供するために必要 な提案力や企画力のサポートを、このサービスで実施することで、地場IT企業の底上げを図ろうという意図だ。
戦略研フレームワーク より)

これらが完成することで、自治体さんのIT化と地場のIT企業さんのサービスのますますの向上が図れて、適正コストでそれが実現できるようになったら、こんなに嬉しいことはないと思っている。ウチの神崎さんも、とても期待してくれているみたい
戦略研フレームワークの開発自身もウチの橋本君らが中心になって急ピッチで実施しているとこ。テンプレートのほうは、年明けの打ち合わせまでには完成版を用意する予定。いいものを提供できるようにがんばっていきましょう!

071217175539で、その後は、お疲れさん会と言うことで、株式会社電通国際情報サービスさんの「サロン」で呑み会。立派なとこでした〜。見晴らしもいいし、食事もおいしいし、いい呑み会でした。
で、戦略研Frameworkは野村総研さんが作ったOpenStandiaというフレームワークの上で稼働するんだけども、その中にSeaserが同梱されているということで、ひがやすおさんもわざわざ呑み会に来てくれた。
RBCのこともすごく好意的に解釈してくれていて、あんな風にビジネスも含めた観点で開発者が集まるコミュニティもあっていいよね!って話で盛り上がった。
東北で開発者のためのコミュニティを作ろうとしているって言ったら、すごく共感してくれて、設立総会があったら、話にいくよ!だって。是非きてくださいよ!東北のひとたちも大歓迎ですよ!仙台初めてらしいから、美味しい食事も用意しなきゃな。
2/29予定の戦略研フレームワークのお披露目の時には、僕と一緒にSeaserがどんな風に自治体のシステムに適用できるかって話をプレゼンしようって話もまとまって・・・楽しかったなぁ。
ひがさん、是非!仙台&2/29のプレゼン、よろしくお願いしますね!
071217195029 話がいい具合にもりあがったので、OpenStandiaの中心人物である寺田さん(左から二人目)も入れて、一枚写真。
自治体&東北もりあげていきましょう。


071217200033 最後は、呑み会出席者全員でパチリ
参加しているみんなが、オープンな自治体システムを作ることの意義を深く理解していて、ホントとても楽しい会でした。
思いが共有できるって、ホントにいいよなぁ。
戦略研Framework関係の皆さん!来年はいよいよ本番です。がんばっていきましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Rails@東北 忘年会合宿ー福島にてー

先週の土曜日から日曜日にかけて、Rails勉強会@東北の皆さんの忘年会合宿ということで、福島は猪苗代のペンション合宿に参加させてもらった。Rails勉強会@東北は、僕にとって、自分の会社のSIセンターが仙台にあることもあって、とっても大事な会だ。今回はいつもの勉強会形式でなく、年末ということでいろんな話をしましょう、って話だったので、僕も気兼ねなく(^^ゞ、最初から合流しました。特に何か決まっていた訳ではなかったんだけど、せっかくだから、僕のほうから、今のRBCがやっていることとかを話して、東北にも、開発者のためのコミュニティを立ち上げたいと思ってるんだって、話をした。

みんなすごく好意的に聞いてくれて、嬉しかったなぁ。東北のヒトってさ、福岡や九州と違って、最初っからノリノリってわけではけしていないんだけど(というか、福岡が乗りすぎ?(笑))、すごくあったかいところは一緒で、実は内面には熱いものを持ってて・・・夜遅くまでいろんな話をして、これから東北をどうやって盛り上げていこうかとか、コミュニティはどうしようかとか話したんだけど、楽しかったなぁ。
(RBC同様、uStreamingをして、その上録画までしたんだけど、かなり僕と武田さんがブラックな(笑)会話をしてしまったので、月曜日には消しました。どんな話をしたかはもちろん内緒!)

実際のやり方とか進め方とかはさ、その土地その土地で違いが出てくるんだろうから、東北では東北ならではの勉強会の進め方やコミュニティのやり方とかがあると思っているし、いろんなコミュニティと交わりながら、いいところとかを参考にしながら、でも、そこにいる人たちが主体的に進めることができる、一番いいやり方にすればいいと思うけど、熱い思いが共有できれば、それが一番だよなぁ、そんなことを強く思った合宿でした。

その日はRBCとしてはイケテルビジネス勉強会があった日だったんで、こっちの食事時に、Skypeでつないで、Skypeごしに最首さんの音頭で乾杯!
武田さんとかは、今の話そのものを山形でしてほしいって言ってくれて、(絶対いくから呼んでね!>武田さん 山形も盛り上げましょう!!)片平さんは、今週土曜日の東京でのイケテルRails勉強会に、即日参加してくれて・・・(26日もよろしくお願いします、片平さん)
こんな風に自然にRBCのみんなとRails東北のみんながつながっていくことにちょっと感動してしまいました。

東北盛り上げていきましょうね>Rails東北の皆さん
サポート是非お願いします>RBCの皆さん

P.S.
さらっと書いてるけど、この「ペンション ある日記」、Skypeがつながるということは、Internet環境があるということなんです。しかも無線LAN対応!ペンションのオーナーは御年70歳を過ぎているんだけど、Skypeに興味津々で、ブログにまでかいていただきました。(僕のプレゼン姿が、ペンションのブログに(笑))若い!いいなぁ、そんな風に年をとりたいなぁ、僕も。

P.S.その2
宗形さん、幹事ご苦労様でしたぁ。ブログの写真、素敵ですね。みんな楽しそうに写って、いいなぁ。ホント、いい合宿だったと思います。夏合宿、是非やりましょう。今度は子連れでのんびりいきたいと思います。宗形さんも、今度は参加者として、のんびり行けるといいですね!

P.S.その3
藤岡さん、福島からの車、ありがとうございました。おかげで苦労せずにペンションに到着することができました。東北のコミュニティ、じわっと立ち上げたいと思っていますので、是非協力方、お願いしますね!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

OSC Fukuoka2007 参加しました

いやぁ、書きたいことが多すぎると逆にかけなくなりますね
それぞれがつながっているとなおさらで、どんどん自分の考えも周囲の状況も進化して・・・
福岡、冬というのに熱いです。
まぁ、かけることから書いていきましょうかね。

先週土曜日、OSC Fukuoka2007に、RBCとして参加しました。
展示物のコンセプトを福岡CSKの岡部さんとメトラトンの松前君と3人で議論して、「あのノックのワイガヤ感と、みんなで作っているって感覚を表現したい」ってことになって、大体の枠は3人で当日までに作ったんだけどさ、最後の完成は、RBCのメンバーみんなで作りたいってことで、朝みんなで作りました。Imgp7923
CGFMの我流さん金内さんやらRBC長崎の三海さん、峰松さんたちが朝早くから来てくれて、みんなで今までの写真やら、コメントやらを書き込んで、ワイワイガヤガヤやって作ってみたんだ。
あとで、他の展示をしていた皆さんに言われたんだけど、「あーやって当日作るのって、インパクトありますねぇ。やられました」だって。まぁ、何をやられたのかは定かではないんだけどさ(笑)

で、できあがったのが、これ!

Imgp7944 みよ!このワイガヤ感!!
実はさ、松前君にはだいぶ「微妙」ってだめだしくらってさ(笑)、オジサン二人組は冷や冷やしてたんだけど、結果的には勢いがよく出てるって、参加してる人にも言われたし、目立った(他のは綺麗に作ってるのが多かったからね)んで、一安心ってとこかな。
でね、この展示物って、もう一つ大きな意味があってさ、まぁ、これは最首さんに指摘されたんだけどね、実はその展示会の中でメンバーの写真をこんな風に使った展示物ってさ、RBCだけなんだよね。
ね!これって、すごくRBCらしいって思わない?
そこにいるヒト一人一人が主人公、誰もが先生で誰もが生徒、そしてみんなで強くなって、みんなでビジネスを生み出していく、それがRBCなんだよな。
もちろんさ、ヒトによってはでこぼこがあって、先頭走っていくやつもいるし、そんな役割も必要だけどさ、そういった役割だけで無くって、いろんな多様性を認めてるのが、このRBCの懐の広さだよなぁ、ってホントそう思う。

当日の展示の説明では、RBC長崎のメンバーが大活躍してさ、特にランカードコムの峰松さんの説明は感動的だったなぁ。勉強会がすごく実践的でおもしろいこと、デザイナ、エンジニア、行政、コンサルといろんな人種がいることの有効性等々・・・思わず僕自身がもう一回入会します!っていいたいくらいに。そうやって、自然とみんなのものになっているというのが実感できて、これまたとても嬉しい日でした。

当日はいろんなヒトが注目してくれてさ、広島でもこういったことをやりたい、とか、札幌でも同じ勉強会を開きたいとか・・・驚くのはね、来る人来る人「前々から注目してました」っていうんだよ。ずいぶんしられているんだねぇ。
僕の方は、随分昔にブログに書いたように東北でも、こういった動きを広げたいと思っていて、ちょっと動き始めているところだし、最首さんのブログにあるみたいに、新潟でも動きがひろがっていくみたい。
そんな風に九州で起こったムーブメントがさ、確実にね、全国に広がるといいなって思っている。
九州らしさって何だろうって思うんだけどさ、いろいろあるんだろうけど、新しいものにチャレンジする気概と、自由でフラットな気質なんだろうなって思っている。で、その気質にRBCってムーブメントは合致したんだろうな。
そして忘れちゃいけないのは、福岡をはじめとした、RBCと違うコミュニティのみんなとの連携。これがスムーズにできるのが、自由でフラットな九州らしいとこだよな。
で、そんな自由で楽しく、そしてビジネスまで巻き込めるムーブメントをさ、これからも確実にまずは九州で、そして、こんな動きを歓迎している各地の皆さんと、一緒に動かしていければって思う。
そうやっていくと、閉塞した感があるこの日本って国を、そして世界を変えることができるムーブメントが、できるって僕は信じている。

ホント書きたいことが山ほどあるほど、いろんなことがまた今年から来年第一四半期くらいにかけて集中しようとしている。これをきっちりやりとげたら、また何か見えてくるんだろうな。く〜、楽しませてくれるぜ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »