« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

東北デベロッパーズコミュニティ準備会 やりました!

さて、日付が前後しちゃったけど、先週の火曜日(1/22)は、東北での開発者コミュニティ立ち上げのための準備会だった。前からブログで少しずつ書いている話だね。
名前も決めた。「東北デベロッパーズコミュニティ」って名前。

Web Barbarians Conferenceのパネルディスカッションでも少し話したんだけど、東北って東京から近すぎるってこともあって、東京の会社と仕事をすることが多くて、地元の開発者同士の横のつながりが、薄くなりがちなんだよね。コミュニティみたいなのも、何個か立ち上がってきたみたいなんだけど、Web開発全般を話せるコミュニティって、少ないみたいでさ。前にも書いたとおり、この話、JJUGつながりでいただいている話なので、Javaを中心に、ってことにしてるんだけど、準備会に参加しているみんなの意向で、「Javaに閉じず、Web開発に必要な技術を幅広く検討する」って文言を入れることにした。

まずは開発者同士のコネクション作りから始まるから、福岡でやっているみたいなビジネスとの連携ってのを最初からやる、っていうより、勉強会中心にやっていこうって話も、準備会のみんなとしてる。いつもこのブログにも書いてるけど、その地域、その地域で必要なことって違うだろうから、その地域にいる人たちが一番やりやすいようにやるのが、地域のコミュニティが活発に活動できるコツだろうな、と思う。

設立趣意とかさ、規約とか必要な部分のドラフトを用意してみたんだけど、設立趣意は、堅すぎる!って却下されちゃった(笑)。でも、そんな風に、いいたいことを最初からいいあえるのがコミュニティのいいところ。会社の肩書きとか、年齢の上下とかは関係ないもんね(礼儀としての部分はあるにしてもさ)。そんなわけで、目的やら設立趣意やらをRails東北の片平さんや、サイエンティアの小泉さんといった若手(っていったら、二人とも若くないですよ、って行ってたけど、まぁ、確実に僕よりは若い(爆))で、書き直しているところ。いい感じになってきている。

で、その日の夜には、当然のごとくして懇親会。
やっぱ東北のヒトって、熱いよなぁ、って再認識した。みんなこの地域をよくしたいと思っている。そして、このコミュニティを通して何かを変えようとしてる。僕がどこまで出来るかと思うけど、この情熱にいくばくでもお手伝いができれば、って思った。
今のところさ、この話、他で立ち上げたことがあるってことだけで、僕がいろいろ資料作ったりなんだりしてるんだけどさ、サイエンティアの荒井さんやら、トライポッドの佐々木さんがさ、「いつまでも杉山さんにさせておくのは、つまらん」って言って来ててさ、すごいいいよなぁ、って思ったんだよね。そう、その場所を楽しくするのは、その場所のヒトがやるのが一番いいって思う。僕はあくまでサポーター。コンサルティングの話にもつながるけどさ、やりたいヒトがやりたいことをサポートするのが、僕の役割だろうと思っている。
080122_211525_2 最後に僕の携帯で一枚写真をとった。暗くって、ちょっとぼけぼけだけど、ここの集まったみんなから、何かが変わっていけばいいなと思う。

頑張りましょう!TDCの皆さん!!

ということで、TDCの設立総会を2月27日(水)に仙台で開催予定です。詳細はまたご連絡しますが、今のところ、JJUGの会長の丸山さん、Seaserのひがやすおさん、RBCの最首さんはじめとした、豪華なプレゼンテーターに来ていただくよう、準備をしています。
東北のみなさん、是非!ご参加ください。(TDCの準備会から参加したい方も、私まで気軽にご連絡を!!)

と、そういえば、この間のWBCでさ、RBC長崎の三海さんや、FWWの金内さん、山本さんたちが、TDCの設立総会に来てくれるって話をいただいた。嬉しいよな、そうやってそれぞれの地方の人たちが自主的に交わっていくって。そんなふうな活動もサポートできれば、もっと面白くなるように思った。

がんばろ〜っと。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

Web Barbarians Conference 終わったぁ!

Web Barbarians Conferenceが終わりましたぁ!
ヌーラボはしもとさん、プロボ杉山さん、西嶋さん福博印刷山本さんはじめ関係者の皆さん、ほんっと、お疲れ様でした。
受付の皆さんはずっとたちっぱなしで疲れたと思います。お疲れ様でした。
司会や運営していた皆さん、集客や当日の時間調整等大変だったっすねぇ!お疲れ様でした。
そして、講演者のみなさん、お疲れ様でした!

このイベント、福岡のコミュニティのみんなが企画して、話を聞きたい人にアクセスして、来て欲しいヒトに声かけて・・・ って感じで、FWWを中心とした、福岡のコミュニティの人たちが主体的に実施したってことに、僕としては最大の意味があると思っている。

去年いろいろ盛り上がった福岡のコミュニティの、ひとまずの区切りって感じかな。土壌は出来た、さぁ、次にどこに進もう?ってことを認識しあえた会じゃないかな?

パネルディスカッションでさ、はしもとさんが「福岡は鎖国すべきだ!」って話をしていて、それについて、同じパネルに出ていた最首さんがブログで意見をいっているけど、僕のこの話の答えは、以前かいたこのブログになるかな。

そのためにはさ、地域の中での課題も解決することと、外と積極的に交わっていくことの二つの方策が必要でさ、そこら辺をどうやっていくかは、今後 RBCに限らず、地方発のコミュニティが超えなきゃいけない壁でさ、それを真正面から引き受けてるコミュニティってかっこいいよなぁ、って思ってるんだよ ね。

ここら辺歴史をひもとくとさ、明治維新を成し遂げた人たちって、みんなその藩の中を変えていく活動と、外と交わる活動と両方をうまくやってきた人たち(西郷隆盛(薩摩藩)しかり桂小五郎(長州藩)しかり)なんだよね。僕は今の地方のコミュニティの動きって、維新だと思ってるから、その意味でも、彼らの行動に、僕らの活動の答えの一つが隠れてるって思ってるんだ。

『RBC長崎 第一回勉強会終了 』より

要するに、日本に、世界に打ってでるためにはさ、中を(それは福岡や九州をって意味もあるし、自分をって意味もある)しっかり固めて、それからいこうぜ!ってことかな。(もちろん、同時に常に世界に対して目を開いてなきゃいけないってこともあるね。いつも大事なのは複線的にものをかんがえること、かな)

そうしていろいろ考えるときに、主役がさ、福岡なら福岡のメンバーになってほしいなって、そうなるように色々僕のほうは動ければ、って思っている。とっかかりが誰かではなくて、実際に企画立案して実行する時に中心に考えるのが、福岡なら福岡、長崎なら長崎のRealを知っているメンバーが考えるように動ければ、って思うし、そうなるように運営するのが、地域でコミュニティをやっている運営側としての矜恃だろうと思っている。(福岡以外を排除する、ってのとは違うよ。そうなると僕もサポートできなくなるからね(^^ゞ)
いろいろ広がっている「天神・大名WiFi化」の話だってそうだよね。(あ、書いてないや、この話(^^ゞ 今週こそ纏めて書こう)僕をはじめとした東京から来たメンバーが中心になって、何かやっている、ということでなく、その話を面白い!って感じてくれた、福岡のヒトが中心になって、コンテンツや配置について考える、そんな話にどんどんなってきている。そんな風に広がっていくのを、サポートできればいいよなって思う。

これも昔書いた話だけどさ、コミュニティってさ、誰か特定の人のもんじゃないんだよね。その器に夢を感じたみんなのものでさ、そんな風に集まったみんなの思いをうけとめて、それをサポートできる器になれたらって、運営という機能を担っている立場で、何個かコミュニティに携わっている自分としては感じている。(余談だけどさ、コミュニティにおける運営側ってのはさ、「機能」であって、命令する側ではない、これもコミュニティの大事なお約束事だけどさ、結構わかっていないヒトがいて、残念だなぁって思う。)

あ、そうそう、僕もさ、AIPコミュニティの副会長って立場で「コミュニティ」に入ろう!って話をさせてもらったんだけど、コミュニティの重要なとこって、「参加して楽しむ」につきちゃうと思っている。いろんな立場のヒトがフラットに集まって、誰が上でも誰が下でも、誰の考え方が絶対に正しくもなくって、そんなみんなが「ワイガヤ」に集まって、思いもかけない「化学反応」を楽しむのが、コミュニティのコツなんじゃないかな、って話をした。
ホントにそう思う。
そうやって、コミュニティ活動を真面目に楽しみながら、地方の、日本の問題を一つづつ解決できたら素敵だよなぁ。

でも、ここで出会ったみんなとなら、きっと出来るって朝6時過ぎに寝起きでカラオケ歌わされながら(苦笑 この辺の話はMixiに書こう)、ぼんやり思った一日でした。

ホント、みんなお疲れ様でした!!
またいろいろ企画(イベントだけでなくて)していきましょう!一つ一つ今の思いを形にしていけば、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Web Barbarians Conference 2008!

いやぁ、驚きました。西日本新聞!!
なにって、1/10の天神・大名WiFi化の一面TOPの記事です。(今までもこのBlogで何度かかいてましたね)
お正月企画で、って話だったので、気軽にRBCの仲間と取材にお答えしていたら、こんなことに!!まぁ、びっくりしました。
いろんなひとからあれBlogに書かないの?といわれてるんだけど、僕のなかではまだこれ現在進行形で、ひっじょーにこの件でバタバタしていて、ちょっと書けてない。近日(今日、明日?)纏めて書くので、乞うご期待?!

と、今日はWeb Barbarians Conference 2008の宣伝です。

昨年は、福岡のコミュニティは熱い!って話があちこちで聞かれた、ある意味福岡コミュニティ元年、みたいな年だったわけだけど、これを総括するようなイベントが1月26日(土)に天神イムズで開かれます。
是非皆さん足をお運びください。

セッションAとセッションBに分かれていて、セッションBはコミュニティのみんなが話す場になっていて、これも興味津々なんだけど(僕もAIPコミュニティとして話します・・・)、特筆すべきはセッションA!
Appleさんが、Macworld Expoの話題とってだしをしたり(MacBook Airの話も当然でるでしょうねぇ 実物持ってきてくん無いかな(笑))、Adobeさんが、新しいRIA技術「AIR」の解説を(お、偶然 これもAir つながりだ)、「Webサイト制作」ではとても著名な、ソシオメディアの篠原さんが、アズ・シーツーの堀内さんが「必勝! スモールチーム/スモールプロジェクト」、ビジネス・アーキテクツの森田さんが「ブランディングサイトのプロジェクトデザイン」なんて話をしていただきます。

また、セッションAに参加いただいた皆さんの中で、天神・大名WiFi化(これもある意味 Airだよなぁ)にご協力いただける皆さんには、なんと!FONルーターをご進呈!!

ということで、盛りだくさんかつ楽しいイベントになってますので、是非みなさん、ご参加をお願いします!!
http://wbc2008.fww.cc/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます。

自分自身は1/3から仕事はじめで、1/4にはすでに福岡で打ち合わせもしてきたんだけども、会社としては、明日からが本格的な仕事始めとなります。

昨年は、いろんなことが始まった年なように思う。

自社の中での動き、福岡でのコミュニティの動きとその横展開の動き、新しいクライアント、新しいパートナー、そんな中で知り合った仲間達・・・
今年はその始まりをどうやって実のあるものにしていくのかの大事な年になると考えています。

その中で僕が大事にしたいと思っているのは、何回かこのブログにも書いているんだけども、自分がしたいという気持ちより、その地域、そのクライアント、自分の会社の、そしてパートナーをはじめとした仲間達がしたいことを実現に持って行くということ。

いろんなヒトのいろんな思いがあって、それぞれは一見相反しているように見えても、実際は目的意識とかを考えると、そうではないというのはよくあることで、そういった時に重要なのは、それらの思いをつないで、それぞれの不得意な部分を自ら埋めることができるコーディネーターの役割だと考えている。
自分がそういった役割を担える器かどうかは、わからないけども、そんな役割の一端でもになえるように、努力をしたいと思う。

そのためにも、今年はもっともっと、その地域を、そのクライアントを、そして仲間たちを知って、一人の思いや、ひとつの考え方でなく、それぞれの背景に根ざした、多様な考え方をうまく融合させられるように出来れば、と思っている。

ということで、まだまだ未熟なところも多い、不束者ではありますが、なにとぞ今年もよろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »