« RBC長崎 第二回Rails勉強会終了 | トップページ | 東北デベロッパーズコミュニティ 設立記念カンファレンス やります! »

新ふくおかIT戦略とDo Tank構想

ウチの会社、福岡県さんが検討している「新ふくおかIT戦略」っていうものに、事務局として参加しているんだ。3月末にリリースするので、かなり大詰めになってきているんだけど、今日はちょっとその話をしてみようかな。
今回の戦略を創るにあたってさ、戦略の「視点」っていうのを何にしようか、って話を福岡県さんと結構したんだよね。福岡(あるいは九州)って地域で盛り上がりつつあるITコミュニティの動きって、とっても大事なんじゃないかって話になってさ、これを何とか視点に組み入れたいねって。

で、出てきた視点が「共創する戦略」「創造的な戦略」「成長しつづける戦略」って3つの視点。「創造的な戦略」ってのは「革新する戦略」って読み替えてもいいんだけどさ、要するに、Global化した今の社会で戦略をうちだつためにはさ、Innovativeな戦略でないとだめでさ、そうなると、たとえば自治体なら自治体だけで考えても頭打ちだからさ、所謂コミュニティを含めた様々な異能集団とコラボレーションしていくことが必要で、さらに、どんどん世界はかわっていく(前に書いた、昔の延長線上に未来は無いって話とつながる話だね)んだから、常に戦略をブラッシュアップさせてなきゃいけない、ってそんな感じ。これって、RBCや、FWW,、それにAIPコミュニティっていった、福岡のコミュニティの動きそのものとリンクしててさ、とてもCoolだなぁ、と思っている。

で、そんな戦略の一つの目玉となりそうなのが、「ふくおかDO Tank構想(仮称)」って奴。昨日、ヌーラボの橋本さんのブログで、その実装案が紹介されてるんだけど、要するに、福岡の異能なみなさんが腕をふるって、それを日本全体へ発信する場を提供しようって構想だ。コミュニティをやって、つくづく思うんだけど、福岡って(別に福岡に限らず地方ってって言い換えてもいいと思うけど)、当たり前だけど、みんなキチンとビジネスやっててさ、技術もあるエンジニアもたくさいんいるんだよね。その発信の仕方や横のつながりの広がりを、一緒にサポートできる仕組みがあればさ、それだけで結構なことが出来るんだろうな、って思っている。このDo Tank構想が、そういった仕組みになったら、最高だね。

そういえば、先週さ、経済産業省の方が福岡県庁さんを訪れて、「麻生知事から聞いたんだけど、RBCとか、福岡のコミュニティがスゴイらしいですね。地域活性化の参考にしたいので、話を聞かせてください」って。福岡県さんや、AIPコミュニティの上野さんや岡部さん、ウチの庄司さんらと混じって、僕もRBCやFWW,AIPコミュニティでやっていることや、これから考えていることを、DO Tank構想や、天神・大名WiFi化PRJの話なんかも交えて、ダァッと話した。
で、来てくださった方が最後におっしゃったのが、「今日はRBCや福岡のコミュニティを理解するためにここに来ました。でも、さっぱりわかりませんでした。」って(笑)!何だろうって思うでしょ?
でも、この先があってさ、「そのカオスなところが、これらの活動のいいところだと思いました。一つの言葉で定義できない活動をしているから、面白いことができているんでしょうね」ってさ。くぅ!わかってるなぁ!!センスいいなぁ。そうなんだよね、いろんなヒトがいて、いろんなことを考えるからコミュニティ。上も下も無ければ、会社の肩書きも関係なし。そんないろんなヒトのセンスを受けとめる大きな器となるような活動を、これからもコミュニティという中で出来るように、支援出来れば、と思う。

前のブログでも書いたけどさ、僕は、地方でコミュニティをやるってことの矜恃は、そこにいるみんなのRealを知って、そこにいるみんなが主役になれることをサポートすることだって思っているから、今後も、ここにすんでいるみんなのやりたいことをキチンとおさえて、みんなが楽しめるようなことをやっていきたいなって思っている。
このときに、間違えちゃぁいけないのは、これも一つの考え方にすぎないってこと。(何するにしても、その地域の、そこにいるヒトのRealを知るっていうのは、一般常識だと思うけどさ)コミュニティなんだからさ、いろんなヒトのいろんな考えがあっていいんだと思う。まぁ、コミュニティやるコツは、その中で、僕が私が正しいって、言いつのらんことだろうね。(それは会社でやればいいこと)公序良俗や一般常識に反しない限り、どっちも正しい、それが正解だろうな。そうやってカオスなまま進めたほうが、もっともっと楽しいことが出来る気がしている。そもそもコミュニティなんて、強制されてやるもんじゃないんだし、見返りなんて期待するもんじゃない(この話(見返りうんぬん)は、もう少し踏み込んで正確に伝えた方がいいとは思うんけど、長くなっちゃので、また別の機会にしよう)んだから、楽しくなきゃやってらんないじゃん?

経産省の方からは、「福岡県さんも大変でしょうけど、これをサポートしていってください。経産省も協力を惜しみません」って言葉をいただいたから、これからも色々情報交換しながら、この動きのサポートなんかをしてもらえたらいいなと思っている。「麻生知事が理解を持って宣伝しているというのも、この動きのいいところですね」って彼言ってたけど、ホントだよな。知事がこういった動きを理解して、いろんなところで宣伝してくれているのは、この活動にとてもいい後押しになってくれていると、折々で感じている。

実際にこのDoタンク構想を実現するにはさ、いろんな手続き的な整備も必要だし、Realにここで出た知財を管理する団体とかも必要になってくる。これらをどうするかってのは、これからの話だけどさ、今の勢いを止めることなく、進めていけば、その先に誰も見たことがない、面白いモノがまっている、そんな気がしてる。

あ、そうそう!こんな動きのさ、一旦の集大成が、こないだのブログの最後に書いた「秋にやるイベント」って奴になると思う。思いっきり、ばからしく、でも思いっきりCoolなイベントにしようと、福岡・長崎のコミュニティ仲間と企画中。日本中のみんなが、このイベントに来ないとまずいぜ!って思えるようなイベントにしようって盛り上がっている。是非、楽しみにしててくださいませ!!

まずは、福岡・九州の皆さんと、そんな諸々の話を共有して、今後の秋口のイベントまでのPlanをたてるために、2/16 14時から、AIPにて打ち合わせ予定です。お時間合う方は是非ご参集ください。(参加希望の方は、FWW,AIPコミュ、RBCのメーリングリストにそれぞれ参加表明をお願いします。どちらにも入っていないという方は、このコメントへ参加表明をどうぞ!)

|

« RBC長崎 第二回Rails勉強会終了 | トップページ | 東北デベロッパーズコミュニティ 設立記念カンファレンス やります! »

コミュニティ」カテゴリの記事

地方自治体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55996/40099913

この記事へのトラックバック一覧です: 新ふくおかIT戦略とDo Tank構想:

» ふくおか Do Tank 構想 [橋本正徳の「あなたのためのシステム開発」]
「道なきところに道をつくるとき」に書いている『仕組み作り』っていうのが、このエントリのタイトル『ふくおか Do Tank(仮)』です。 詳しくは杉山さんの「新ふくおかIT戦略とDo Tank構想」にも書いてあります。 福岡の異能なみなさんが腕をふるって、それを日本全体...... [続きを読む]

受信: 2008/02/14 02:16

« RBC長崎 第二回Rails勉強会終了 | トップページ | 東北デベロッパーズコミュニティ 設立記念カンファレンス やります! »