« 島原のLAN | トップページ | つながる想い »

旨いお酒

先週の4/11のイベントのあと、天神・大名WiFi化プロジェクトにたずさわって下さった皆さんとささやかながら打ち上げ会をした。最初は20人くらいではじめたんだけど、その後、いろんなヒトが合流してきて、全部で30人以上かなぁ、すごく盛り上がったんだ。みんないい顔してたなぁ。

で、二次会、三次会ってなって、最後はFONの千川原さんとウチの松前君と3人でお疲れ様って感じでじっくり呑んだんだ。

千川原さんとさ、万感の思いをこめて乾杯。
いろいろあったもんなぁ、このプロジェクト。
RBCから始まって、協議会をたちあげて、いろいろな経緯から(^^ゞその事務局長を僕がやって・・・(コンサルタントって立場からいうとさ、○○長って立場はあんまり本意じゃない(何度もここでも言っているように、僕は、誰かがやりたいことをサポートするのが好きなタチだからね)んだけどさ。)

あぁ、この瞬間を味わいたくって、僕は仕事してるんだなぁって、乾杯しながら、思った。
ビジネスをゲームと考えることなく、真に共感できる相手と、酌み交わす酒、ホントに共感しあって、ホントに信じ合える仲間との乾杯、こんなに良い瞬間ってないよな。

嘘をいってさ、自分にとっていい状況を作るってさ、実は結構簡単なんだよね。
いくら情報化時代といってもさ、情報操作なんて簡単でさ。
「あなたは知らないけど、○○さんはホントはこんな奴です」
「あたなの知らないところで、こんなことを言っていました」
って言い方は、いつの時代でも有効。そうやってヒトを疑心暗鬼にさせて、自分に有利な状況に持って行くヒトってのは、いつの時代でもいる。
でも、そういったことを、こうやって感じ合えたメンバーとは考えないでいい。お互い信じ合っているから、そんな話を聞いても、信頼が揺るぐことがない。

例えばさ、RBC長崎の三海さんと僕のことを、誰かが「いつも電話したり、いろいろやりとりしたりしてるから、そんな風に同期がいつもとれているのか」って言ってきたことがあるらしんだけど(三海さん談)さ(笑)、ほんと、連絡なんてタマにしかとってないんだよね。
(というか、たま〜に直接会ったときにしか話してないかも(^^ゞ)
でも、僕らはつながっている、って信じられる。それは、深いところで、共感しあっているからだって思う。ヒトはお互いに信じられれば、確認することってホントに少ないんだよね。たまにあって、二言三言かわせば、それで十分。また別々に進んでいけばいい、でも、どこかでつながっている、どこかで合流できる。

そんなつながりをこれからも増やしていって、そうやってつながった人たちと、何か一緒にコトをなしとげてさ、こんな風に旨い酒をこれからも飲めればな、と思う。

|

« 島原のLAN | トップページ | つながる想い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55996/40959328

この記事へのトラックバック一覧です: 旨いお酒:

« 島原のLAN | トップページ | つながる想い »