« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

Shortですが、宣伝です

と、Short Noticeで申し訳ないですが、今週の22日(火)〜23日(水)に天神・大名WiFi化プロジェクトの宣伝をします。詳細はこちらで確認ください

当日福岡へいらっしゃる方は是非足をお運びくださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AIPの事務局やります!

ということで、ボチボチ再開です。

福岡にAIP(高度IT人材アカデミー)っていう名前のNPOがある。設立以来もう5年になるNPOで、その名の通り、高度なIT人材を育成(教育)することが主目的のNPOとして活動してきている。

僕自身は、このAIPを立ち上げる基になったPaperの作成を支援したり、このAIPの卒業生や、関係者を束ねたIT系のコミュニティであるAIPコミュニティの設立から運営までをサポートしたり(今ではこのコミュニティの副会長って肩書きがあったりする)で、因縁浅からぬ仲の団体なんだけど、7/1から、このAIPの事務局をウチの会社で全面的にサポートすることにした。
AIP自身は設立から5年間たっているんだけど、費用面等々の問題から、当初から売りとしていたCCIEの教育とかを一旦縮小して、機材とかも九工大さんに委譲して、事務所も今の姪浜から出て行くことになっていたんだよね。その事務所の移転先とかをどうするかって相談があってさ、それをウチの会社の福岡営業所が引き受けようか、引き受けるなら、一旦5年たって、Phase 1が終了したAIPの新しいフェーズへ転換するお手伝いもしようかってことになったんだ。

事務局長にはAIPコミュの会長でもある福岡CSKの岡部さんについてもらい、僕は事務局次長という肩書きで、主体的に活動にコミットしていくつもり。

AIPってさ、「教育」が主目的であることに代わりはないんだけどさ、実は定款を見ると、活動内容として、「(1)社会教育の推進を図る活動  (2) まちづくりの推進を図る活動  (3) 国際協力の活動」の三つがあげられてて、設立趣意の中にも

「高度情報社会に必要となるスキルを実践的、経験的に身につけた最高位IT人材を戦略的に育成し、知の集約のもとにIT活用の高度化と地域活性を促進する事業を行います。また社会全体の利益の増進に寄与することを目的としていきます。この実現のため、当組織と地方自治体、教育機関、民間企業の間で効率的な連携を図り活動をするため、特定非営利活動法人を設立致しました。」
ーAIP 設立趣意書 よりー

って話が書いてあったりするんだよね。
これって、よくよく読むと、そもそも福岡のコミュニティや天神・大名WiFI化PRJでやっている話とリンクしてて、この趣旨を、これを機会に解釈しなおして、新生AIPでは、「知の集約」や「地域活性化」ってなところをKeyWordに、地域のコーディネーターを目指そう!って話を岡部さん達としているところ。

先月理事会があって、AIPの理事の皆さんに(福岡CSKの西岡社長と、ウチの社長も新任理事として参加してるんだけど、それ以外も、九電の秋吉さん、Ciscoの中村さんら、錚々たる、でも以前から知っている皆さん相手に、事業計画をお話するってのはある意味新鮮でしたが)ざっとした重点方向を説明させていただいた。説明した内容をちょっと紹介しますね。

地域のコーディネーターたる新生AIPが何をするかというと・・・

  1. タイムリーな研修の提供と情報発信・・・Rubyとかデザインといった、旬な研修のタイムリーな提供と、福岡全体の教育プログラムを横並びで見られるような情報発信サイトの構築が出来ればと

  2. 元気なコミュニティ支援・・・以前からこのブログでも話しているけど、AIPコミュ以外にもRBCやFWWって、福岡にはいろんなコミュニティがあるんだけど、それをNPOとして全面的にサポートしようと考えている。例えば、オフラインで集まる場所の提供(これは項を変えて説明しようと思うけど、「AIPカフェ」って名前にしようかなと)や、イベントへの協賛、Ciscoの中村さんから提案してもらっているWeb上のコミュニケーションツールの提供、作ったサービスを提供するMarket Placeの構築なんかまでをしたいと思っている)

  3. 地域活性化の新たな形の実現・・・いろいろなコミュニティや大学・自治体をつないだコーディネーターとして、天神大名WiFi化プロジェクトの支援や、前に話したDoタンク構想みたいなものの実現のサポートなんかを企画している

  4. 安定した経営のための基礎体力作り・・・NPOってさ、自分たちでやってみてつくづく思うんだけど、会社そのものなんだよね。契約行為だってもちろん出来るし、利益を上げるために活動するのも一緒(唯一その利益を株主等に配分することが出来ないことが違い、かな?)。だから、経営の安定化も必要なので、AIPの会員を拡大したり(これは、AIPの活動のFANを増やすってことと同義かな)上記の活動がちゃんとビジネスモデルになるような検討もしていこうかと考えている

この間、ある人とも話したんだけど、ITって切り口で考えながら、Technologyだけによらず、まちづくりや地域の活性化といったものに理解がある組織って実は少なくって、そういったところにこのAIPが成り立つといいなと思っている。

岡部さんと、僕らが目指すAIPって話の中で「3年間で、誰もが維持したい、維持できるAIPを作る」って宣言をしてるんだけどさ、いろんな活動をしていく中で、AIPのファンをつくって、3年後には、この地域に無くてはならないNPOとして確固たる地位を作れて、ウチの会社に間借りなんかしないで、自分で事務所を維持できるような形にできるように、協力してくれる皆さんと、一歩ずつ歩を進めていこうと思っている。
ずっとこのブログで書いているコミュニティの活動もさ、こういったNPOっていう法人格を持った団体がサポートすることで、いろんな可能性が広がるのではないかと思っているところ。実際に連動した企画なんかもチラホラ出てきているから、そういったものも、具体的になったら、このブログでも発表していきますね!

では、是非!新生AIPに期待してくださいませっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »