日記・コラム・つぶやき

あけましておめでとうございます!&去年の振り返りダイジェスト

あけましておめでとうございます!

と、相変わらず書かなきゃいけないことを書かずに新年を迎えてしまっていますが(^^ゞ、まぁ、それはそれとして、どっかで帳尻合わせるとして、昨年はお世話になりました!

今年もよろしくお願いします。

昨年は、一昨年以前に芽生えた種を一つ一つ実現に向けて動き出したという意味で、僕にとってはとても意味がある一年だったように思う。
自分はプログラムが組めるわけでも、デザインが出来るわけでも無い、一介の「コンサルタント」って奴なわけだけど、それでも例えばIT業界に、例えば自分が住んだり関わっている地域に、貢献出来ることがあるんではないかと考えていて、それが少しずつ形になっている気がして、ちょっと嬉しく思っている。

色々あるんだけども、まず大きかったのは、

  1. AIPカフェのオープン
    になるように思う。

    で、次には
  2. 天神・大名WiFi化の着実な進化
    になるかな。

    この2つは、わりとこのブログでも書いたことが多かった話題のように思うけど、この2つの活動を通じて、所謂「勉強会」だけでなく、「コミュニティ」という形態を通して、実際に形にしていくことのおもしろさや魅力ってのを伝えられることができるようになってきているように思う。
    「コミュニティ」って何?って話が随分前に一部の人々で話題になったように思うけど、僕自身はAIPカフェで実現されようとしていること、天神・大名WiFi化で実現されようとしていること、が答えになると思っている。
    その意味ではさ、FWWのサイトリニューアルがさ、このAIPカフェで実際に、FWWメンバで実現されたのが、とってもエポックメーキングかな、って個人的には思っているんだよね。(僕は差し入れくらいしかしませんでしたが(^^ゞ)
    これもさ、いろいろと、やっている途中では言われてさ、「コミュニティは責任がある組織じゃないからモノを実現するには不向きだ」やら何やらね。そういった話に対して、ある程度、そんなに可能性を小さく考える必要はないぜ!って答えるだけのものは用意できてきたんじゃないかな。というか、そんなことは、今の社会の必然だとは思っているんだけど(ここら辺の話はちゃんとかかないと誤解されそうなので、また、きちんと書きますね)

    あ!そうそうAIPカフェだけど、会員制度が正式にオープンしました。これ、ほんとに、必要としている皆さんで維持できるところにしたいと思っているんだよね。維持したいと思ってくれる皆さん、是非ご入会下さいませ!

    それとこれは自分の会社の話になるけど、
  3. S:III:Sのオープン
    ってのも結構自分的には大きかったかな。もう一昨年になるのかな、デザインってことの本質ってのに触れて、それと相対的にIT業界でのデザインやデザイナーに対する扱いの不当さに対して、何らか自分たちなりの回答を示したいってのが、この組織の成立に対する一つのモチベーション(それだけではないんだけどね)で、これは、ある人が、「IT系のコミュニティに最初からデザイナはいらない。プログラマから始めたい」って言っているのを耳にして、物凄い違和感を感じたのも後押しになっているかな。まぁ、この組織についての思いは、また別途、いろいろ書きますね。

    それと、自分が特段何をしたってわけではないんだけどさ、
  4. TDC、FWW、RBC長崎、AIPコミュの活動の着実な進歩
    ってのも個人的にはとても嬉しいことかな。どれもさ、そこに住んでいるヒトが中心に活動をしていて、それがちゃんと根を張ってきているのがとても嬉しいなって。1000Speakers @仙台 とかOSC Fukuokaとか九州Ruby会議とか、RBC長崎の「Before Programming」とか、これについては、ちゃんと書かないといけないこともいっぱいあるんだよな。まぁ、これらのイベントも随分前の話になっちゃったけど、こういったイベントはちゃんとブログ書かないと完結しないから(^^ゞ、今年の早いうちに書こうと思う。

    あとは
  5. AIP事務局次長になった
    ってのも、僕にとっては大きなトピック。前にブログにもかいたけど、AIPってNPOでさ、「非営利」な活動が出来る「会社」なんだよね。この「非営利」ってのと「会社」ってのをつなぎ合わせて、僕がやりたいと思っている地域の活性化とか、IT業界の活性化みたいな話とリンクさせるとさ、可能性って∞でさ、これはやってみる前から想像していたけど、想像以上だった部分があるかな。これがあったからAIPカフェも実現できたし、天神・大名WiFi化も福岡市役所前を完全FreeのWiFi化が出来たしね。
    事務局長である福岡CSKの岡部さんのおかげでここまで出来ている部分が大きいんだけどさ、今年はさらに大きくこの仕組みを使って、いろいろ仕掛けようって、岡部さんと企画中なんだよね。ここら辺はまだ言えない話も多いんで、そのうち話していきますね。

    あとは、個人的には
  6. 会社の取締役になった
    ってのも流石に振り返りとなると、外せないかな。何がどう変わったってことはないようにも思うし、逆に考え方の広がりとかは確実に広がった部分もあるようにも思っている。自分の部署としては、ずっとやってきた自治体さん向けのコンサルティングが着実に評価していただいたり(ありがたいことです)、本来のウチの持ち味であるMedia部門に新しいビジネスチャンスが見えてきたり(iPhone Radioってのを企画してます。これまた、そのうち詳しく書きますね)、S:III:Sと並行して、サービス提供側の提案が増えてきたりと、それなりに手応えは感じている
    まぁ、実際問題として、IT業界も当然この不景気に無関係でいられないわけで、いい話ばかりではないんだけど、ピンチはチャンスでさ、こういった時にこそ、Changeに対して真摯に取り組むことが出来るように思っているんだよね。その意味では、とてもやりがいのある時代にベンチャーってやり甲斐にある組織に属してることは幸せだと思う。
    僕の組織も大きくなってきていて、そこに所属しているみんなの夢にさ、きちんと向き合う責任もひしひしと感じている。
    僕の組織は誰が来てもHappyな組織ではけしてないだろうけど、大変でもやり甲斐がある仕事が出来ればいい、と思える人には、ホントに良い組織だと思っているし、そんな風に有り続けたいと思っている。そして、コンサルタントとして(デザイナやプログラマといったそれぞれの特色や武器を活かしながら)、それぞれがBy Nameで呼ばれる、でもそれぞれが組織の可能性を信じている(これが僕にとっては「一匹狼の群れ」って奴なんだけど)そんな組織にしていきたいなと思っている。ここら辺の組織論もまたそのうち(ってシツコイ?(苦笑))

    最後になるけど
  7. ほんとにいろんなヒトとつながった一年だった
    って思う。口では「多様性」っていいながら、ホントの意味で多様性を認めたり、その可能性を感じたりってのは難しいところもあると思うんだけど、ホントにさ、素直に、いろんなヒトとつながれてよかったな、って思えた一年だったなって感じるんだよね。
    天神・大名WiFi化でつながった天神・大名の店主の皆さんや、SNSのZinsさんは、僕にとってはとっても大きい出来事だったし、福岡だけでなく、長崎や鹿児島といった九州の他の地域の熱い人たちと知り合えたのも大きかった。
    夏に福岡市の皆さんと一緒にシアトルとシリコンバレーを視察して、それ自体も面白かったんだけど、そこで知り合った諸先輩方の何というか「大きさ」は得難い経験だったし。
    もちろんコミュニティの皆さんや社員のみんなにはいつも元気づけられたりしている。
    ホント、みんな、ありがとうございました!

    あいかわらず長いBlogになっちゃいましたが、本年もまたおつきあいのほど、よろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新予告&ちょっとしたご報告(役員になりました)

と、ふと見ると一ヶ月以上ブログの更新が無いことに!!
この間、個人的には、6/26の株主総会で、正式に
ウチの会社の取締役に就任したり、
アメリカ(シアトル&シリコンバレー)に視察にいったりで、
色々動きがあって、書きたいことはたまっているので、一個ずつ書いていくことにしましょう。

ということで、とりあえず、こんなことを書こうと思っているの更新予告です。
な~んとなく株主総会まではバタバタして筆が進まなかったのですが、
それも終わったので、また皆さん、よしなにしていただければ、と思います。

  • AIPの事務局やります
  • AIPカフェはじめま~す
  • Seasar Foundationの事務局やります
  • Mountain View市(GoogleのWiFI City)へ行ってきました
  • アメリカ行って感じたこと
  • 「順送り」って深いなぁ
  • 次世代の総合窓口の検討始めます

う~ん、やっぱり溜まっていますね(笑

まぁ、ボチボチ書き始めます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

旨いお酒

先週の4/11のイベントのあと、天神・大名WiFi化プロジェクトにたずさわって下さった皆さんとささやかながら打ち上げ会をした。最初は20人くらいではじめたんだけど、その後、いろんなヒトが合流してきて、全部で30人以上かなぁ、すごく盛り上がったんだ。みんないい顔してたなぁ。

で、二次会、三次会ってなって、最後はFONの千川原さんとウチの松前君と3人でお疲れ様って感じでじっくり呑んだんだ。

千川原さんとさ、万感の思いをこめて乾杯。
いろいろあったもんなぁ、このプロジェクト。
RBCから始まって、協議会をたちあげて、いろいろな経緯から(^^ゞその事務局長を僕がやって・・・(コンサルタントって立場からいうとさ、○○長って立場はあんまり本意じゃない(何度もここでも言っているように、僕は、誰かがやりたいことをサポートするのが好きなタチだからね)んだけどさ。)

あぁ、この瞬間を味わいたくって、僕は仕事してるんだなぁって、乾杯しながら、思った。
ビジネスをゲームと考えることなく、真に共感できる相手と、酌み交わす酒、ホントに共感しあって、ホントに信じ合える仲間との乾杯、こんなに良い瞬間ってないよな。

嘘をいってさ、自分にとっていい状況を作るってさ、実は結構簡単なんだよね。
いくら情報化時代といってもさ、情報操作なんて簡単でさ。
「あなたは知らないけど、○○さんはホントはこんな奴です」
「あたなの知らないところで、こんなことを言っていました」
って言い方は、いつの時代でも有効。そうやってヒトを疑心暗鬼にさせて、自分に有利な状況に持って行くヒトってのは、いつの時代でもいる。
でも、そういったことを、こうやって感じ合えたメンバーとは考えないでいい。お互い信じ合っているから、そんな話を聞いても、信頼が揺るぐことがない。

例えばさ、RBC長崎の三海さんと僕のことを、誰かが「いつも電話したり、いろいろやりとりしたりしてるから、そんな風に同期がいつもとれているのか」って言ってきたことがあるらしんだけど(三海さん談)さ(笑)、ほんと、連絡なんてタマにしかとってないんだよね。
(というか、たま〜に直接会ったときにしか話してないかも(^^ゞ)
でも、僕らはつながっている、って信じられる。それは、深いところで、共感しあっているからだって思う。ヒトはお互いに信じられれば、確認することってホントに少ないんだよね。たまにあって、二言三言かわせば、それで十分。また別々に進んでいけばいい、でも、どこかでつながっている、どこかで合流できる。

そんなつながりをこれからも増やしていって、そうやってつながった人たちと、何か一緒にコトをなしとげてさ、こんな風に旨い酒をこれからも飲めればな、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はてな はじめました

いろいろ考えていることを体系だって書くと、どうしてもReal Timeに書けないため、軽くかけるブログも併用しようと思い立ち、はてなを始めました。(はてなの住人の方にコメントを書きやすいというのもあるのですが)

http://d.hatena.ne.jp/Sugiyama_Takashi/

よかったら、こちらもご覧ください。

OSACフレームワークの件、長崎CSKの件、ねこび〜んずの件、こちらにも近日まとめてかきますね〜

今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます。

自分自身は1/3から仕事はじめで、1/4にはすでに福岡で打ち合わせもしてきたんだけども、会社としては、明日からが本格的な仕事始めとなります。

昨年は、いろんなことが始まった年なように思う。

自社の中での動き、福岡でのコミュニティの動きとその横展開の動き、新しいクライアント、新しいパートナー、そんな中で知り合った仲間達・・・
今年はその始まりをどうやって実のあるものにしていくのかの大事な年になると考えています。

その中で僕が大事にしたいと思っているのは、何回かこのブログにも書いているんだけども、自分がしたいという気持ちより、その地域、そのクライアント、自分の会社の、そしてパートナーをはじめとした仲間達がしたいことを実現に持って行くということ。

いろんなヒトのいろんな思いがあって、それぞれは一見相反しているように見えても、実際は目的意識とかを考えると、そうではないというのはよくあることで、そういった時に重要なのは、それらの思いをつないで、それぞれの不得意な部分を自ら埋めることができるコーディネーターの役割だと考えている。
自分がそういった役割を担える器かどうかは、わからないけども、そんな役割の一端でもになえるように、努力をしたいと思う。

そのためにも、今年はもっともっと、その地域を、そのクライアントを、そして仲間たちを知って、一人の思いや、ひとつの考え方でなく、それぞれの背景に根ざした、多様な考え方をうまく融合させられるように出来れば、と思っている。

ということで、まだまだ未熟なところも多い、不束者ではありますが、なにとぞ今年もよろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

呑み会ラッシュ!① 戦略研フレームワークの今&ひがさんと呑んだ

世間はこの時期、忘年会シーズンなわけですが、僕のほうも忘年会というより、仕事のほうの延長線上でいろんな方と呑んでました。結構お伝えしたいことも多い話なのですが、長くなるんで、呑み会別に、ポストしますね。

月曜日は、以前このブログでも書いたOSACという団体でやっている、戦略研フレームワーク(仮称)の今年最後の打ち合わせ。2/29予定の本格リリースに向けた内容の精査なんてのを行った。僕とヘッドストロングの大野さんで作っている戦略研テンプレート(仮称)もやっと第0.8版をお披露目できた。

※戦略研テンプレートの概要・・・

さらに今、この基盤と対になるような自治体さん向けのシステム調達支援サービス(戦略研テンプレートって名前にする予定)も開発中。どんなふうにして、業 務機能を決めていくか、システムアーキテクチャを決定するか、というやり方を、サービスとして提供していこうとしている。
このサービスの対象者は 直接自治体さんというのももちろんあるのだが、主たるターゲットは、地場のIT企業を考えている。地場のIT企業が自治体へサービスを提供するために必要 な提案力や企画力のサポートを、このサービスで実施することで、地場IT企業の底上げを図ろうという意図だ。
戦略研フレームワーク より)

これらが完成することで、自治体さんのIT化と地場のIT企業さんのサービスのますますの向上が図れて、適正コストでそれが実現できるようになったら、こんなに嬉しいことはないと思っている。ウチの神崎さんも、とても期待してくれているみたい
戦略研フレームワークの開発自身もウチの橋本君らが中心になって急ピッチで実施しているとこ。テンプレートのほうは、年明けの打ち合わせまでには完成版を用意する予定。いいものを提供できるようにがんばっていきましょう!

071217175539で、その後は、お疲れさん会と言うことで、株式会社電通国際情報サービスさんの「サロン」で呑み会。立派なとこでした〜。見晴らしもいいし、食事もおいしいし、いい呑み会でした。
で、戦略研Frameworkは野村総研さんが作ったOpenStandiaというフレームワークの上で稼働するんだけども、その中にSeaserが同梱されているということで、ひがやすおさんもわざわざ呑み会に来てくれた。
RBCのこともすごく好意的に解釈してくれていて、あんな風にビジネスも含めた観点で開発者が集まるコミュニティもあっていいよね!って話で盛り上がった。
東北で開発者のためのコミュニティを作ろうとしているって言ったら、すごく共感してくれて、設立総会があったら、話にいくよ!だって。是非きてくださいよ!東北のひとたちも大歓迎ですよ!仙台初めてらしいから、美味しい食事も用意しなきゃな。
2/29予定の戦略研フレームワークのお披露目の時には、僕と一緒にSeaserがどんな風に自治体のシステムに適用できるかって話をプレゼンしようって話もまとまって・・・楽しかったなぁ。
ひがさん、是非!仙台&2/29のプレゼン、よろしくお願いしますね!
071217195029 話がいい具合にもりあがったので、OpenStandiaの中心人物である寺田さん(左から二人目)も入れて、一枚写真。
自治体&東北もりあげていきましょう。


071217200033 最後は、呑み会出席者全員でパチリ
参加しているみんなが、オープンな自治体システムを作ることの意義を深く理解していて、ホントとても楽しい会でした。
思いが共有できるって、ホントにいいよなぁ。
戦略研Framework関係の皆さん!来年はいよいよ本番です。がんばっていきましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Rockでいこう!

こないだのブログで開発合宿の話をかいたけど、実はそのとき話していない、でもとっても重要なことがあったんだ。

その出来事とは・・・
1日目の合宿の終了後の夜の宴会!
これはすごいなんてもんじゃなかった。
みんなはじけまくりの、はしゃぎまくり。
焼酎の空き瓶かかえてポーズとるわ、お皿は割るわ(勝手に割れたと言い張るヒトもいるようだが(笑))、となりの部屋のグループ(当然赤の他人です)と障子越しにエール(?)交換はするわ・・・
よくよく冷静に考えると、あの店にはもうRBCの名前じゃいけない(苦笑)

でもね、そんとき、ひらめいちゃったんだよ。
RBCのもう一つの本質。
実はRBCって、
ロックでお馬鹿なコミュニティの略だってことにさ。

そう!RBCって、ロックなんだよ。
今までの、思考・コミュニティの在り方、もっというと社会全体の在り方とは、ぜんぜんちがうポリシーで動いてるんだよ。
だから、なんだか偉い方のブログで暗に批判されてるって話が出てみたり、誰かが利用しようとしているとか、技術者のためのコミュニティじゃないとかいろんな言い方されるんだろうな。

でもさ、ビートルズだって、ローリングストーンズだって、そうやって、ゴツゴツ周りと衝突しながらさ、でも、自分のやりたいことをやりきって、そうやって社会を変えてきてるんだよな。

じゃぁ、俺たちもやるしかないよね。
RBCのホントの姿をわかっている、RBCのみんなと、俺はやるよ。
時にはメンバー同士、誤解で傷ついたり、周囲のヒトから色々言われたりするんだろうけど、みんな、逃げないで、うけとめようぜ!おぉ!!

※そんな惨状の模様を、デザイナの金内さんがオブラートに優しく愛情こめて、イラストにしてくれました。是非みてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼンバー 再び

さて、以前に紹介していた、プレゼンBar Again。やりましたよ、水曜日!

恵比寿の某所のホントに雰囲気のよいワインバーの個室を、オーナーのご厚意により貸し切らせていただきまして、ウチの会社の管理部の周到な準備(スクリーンになるポスターまで持たせてくれたんだよねぇ。ありがとね。)のもと、皆さんの個性的なプレゼンが続きました。

最首さんの、もはや高橋Methodでなく、最首Methodといえるような自伝プレゼン with Sound。(音と一緒というのは、これまたハートに来るよねぇ。)
ちささんの文字でなく写真による高橋Method。
雄介さんの腹をよじるほど面白い分析プレゼン(詳細はRBCのみんなにも見せたいから、内緒ね。かなり笑えると思うよ)
うちの社長のやはり自伝的プレゼン(最首さんもウチの社長も自伝的プレゼンというのも笑えるが、始まりが高校時代から、というのも一緒で、ある意味凄いな、このシンクロっぷり。)
みんなね、それぞれ個性が出てて面白かったなぁ。

ちささんは、今日から僕らと合流して、福岡で明日からの記念すべきRBC第一回アイデア100本ノックin出島の仕込みに協力してくれる。雄介さんは東京で、出島ノックの東京海上のサポートをしてくれる。
こんなセンスのいい人たちが集まって、アイデア出したら、どんなのが飛び出すのかな?凄くワクワクするな。

ドリコム・ノックの夜は当然プレゼンBarも企画中。出島-福岡-東京をよういちろうさんの作った、いけてる「24」風のストリーミング中継プログラムを使って、三元生中継でやろうって考え。(最首さんは「居酒屋プレゼン」という名前でよんでいるけど、ま、どっちでもいいや(笑))最首さん目下のプレゼンライバル松尾さんのプレゼンもみられるのかな?はしもとさんはまた、「愛」について語ってくれるのかな?

いいなぁ、こうやって何の損得勘定抜きに、ハートでつながっていくと、限りなく素直にヒトの想像力、創造力ってのが増幅してくんだよね。それがRBCのホントの価値なんだよな。Rubyも勿論大事なんだけどさ。それってきっかけでさ。その中でどれだけ、技術について、ビジネスについて、技術者について、故郷について、そこにすむヒトについて・・・そういったことを志が同じヒトたちで、まじめに熱く、でも遊び心たっぷりで議論して、作って、動いて、実現していく、そんな集まりだから、面白いんだよね!>RBCの皆さん。

さて、今日から3日間、出島ノックだ!思いっきり遊んで、思いっきりビジネスしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々これ勉強

今日は前の会社(アクセンチュア)で同じグループのTopだった大上さんが興した会社(M.I. Consulting Group)の「社会システムデザインに学ぶコンサルティングの本質」というセミナーに参加してきた。講師は横山禎徳(社会システムデザイナー、言論NPO理事)という方で、マッキンゼー・アンド・カンパニーで89年から94年に東京支社長、2002年定年退職まで勤め上げたという方だったのだが、いやぁ、やられました。

御年65歳なのだが、元気だこと!
「私が日本を神に変わってデザインしなおす!」くらいのことを本気で思っているヒトで、いわば「日本を洗濯し直す」といった坂本龍馬の現代版って感じのヒトだった。「デザイン」というのは、彼曰く「演繹的でも機能的でもなく、経験的・実践的なスキル」で「訓練と経験なしでは獲得できない」「高度なプロフェッショナルスキル」となるとのことだが、そのような高度なスキルを使って日本を変える!と言い切るだけの経験と度胸が発言のそこかしこに伺われ、いや、久しぶりに自分よりカタル人をみた、思いでした。
あと、感心したのは読む本のレンジの広さ。「デザイン」という一種左脳的でなく右脳的なところを使うスキルのプロであるからだろうが、さすがに僕は「人間はなぜ美を感じるか」という本は読んでないものなぁ・・・

最近、自治体職員さん相手に講師をしたり、セミナーをしたりで、自分のスキルを人にお話する機会はあっても、なかなか仕事以外の時間を使って、人のお話をじっくり聞くということがなかったのだが、実際のところ、仕事そのもので人と接している中でいろいろ学ばせていただいているモノが大きく、あまり不自由してはいないと思ってた。
しかし、いや、なかなかどうして、ためになるものでした。仕事の中でおつきあいするのとは全く違う方の話を聞くというのは、自分の考えをある意味、全く違う方向から強制的に整理しなおす機会をいただくことなのだなぁ、とあらためて実感した次第。

日本をデザインし直す、と本気で考えていらっしゃる方なので、話の内容そのものが、今僕が関わっているRBCやAIPコミュニティ、自治体さんへのコンサルティングに活きる内容も多く、本当に勉強になった一日だった。

なんにしても、これでまた一つ目標が出来ました。65歳になったら、彼よりカタッてやる!(笑)。このセミナー、3回講座で、あと2回続く予定らしい。最後まで聞くと、さらに得るモノがきっとありそう。楽しみだ。

いや、標題にも書いたが、「日々これ勉強」だね!僕もまだまだ。がんばらないと。

※そういえば、この間読んだこの本も、横山さんの言う「デザイン」的センス(たぶんに右脳が絡んだ領域と思ったが)の大事さを説いていたなぁ(題名が端的にそれを表していると思うが)。前のブログにも書いたこととも関連するけど、「知識の多寡」だけで勝負しようとするヒトにはつらい時代になっていくんだろうね、これから。本当のコンサルティング力が問われる時代だということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fly to the...

最近自分で情報発信したいことがとみに増えてきた。
いろいろなヒトとの出会い、ベンチャーへの転職、環境の変化・・・
種々あるんだけど、そういった中から感じたことを、少しづつ発信していきたいと思う。
※実はもともとこのブログ、音楽関係のことを書こうと、 大昔つくったものだったんだけど、発信したい主題が明らかに変わってきたので、今日からRenewalです。
(だから、アドレスにonban-diaryなんてのが入っています)

題名は自分の会社
株式会社フライトシステムコンサルティング
(http://www.flight.co.jp/)
をちょっともじってみてつけてみた。

様々な閉塞感のある、この日本を少しでも変えて、文字通り「フライト」させたい、
というマインドもちょっぴり入っているかな。

ということで始まり

| | コメント (0) | トラックバック (0)